試験で全科目終わる前に絶対にやってはいけないNG行動

スポンサーリンク

こんにちは、
しょうりです。
 
 
ちらでは、
試験で全科目終わる前に絶対にやってはいけないNG行動
についてお伝えします。
 
 
これ分かってないと、
けっこうやっちまってる人多いと思います。
 
 
やるだけ時間のムダだし、
デメリットがでかすぎるので
絶対にやめるようにしましょう。
 
 
 
 
 
 

NG行動 その1 答え合わせ

 
 
験と試験の合間の休憩時間とか
初日が終わった後とかにやってはいけないこと
 
 
それが
答え合わせ
 
 
「合っていたかどうか気になる!」
って言いたい気持ちはわかります。
 
 
だけど、
違っていたらどうしますか?
 
 
たまたま正解していたらいいけど、
そうじゃなかった場合のリスクを考えてください。
 
 
「間違いがあったから、
次のテスト、明日のテストでは
ミスなくやらなければ!」

 
 
なんて最悪の感情沸くかもしれませんよ。
 
 
そうなったらヤバイです。
 
 
「~しなければ」「~しないといけない」
なんて思ったら、
ミスします。焦ります。落ち着きなくします。
 
 
テストで大切なことは、
落ち着いて取り組むこと。
 
 
それを乱す可能性のあることは
排除していきましょう。
 
 
 
 
 
 

NG行動 その2 いつまでも気にする

 
 
テスト自体が思ったより解けなかった
なんてこともあるかもしれません。
 
 
だけど、
そんなことをいつまでも気にしていても、
時間とエネルギーのムダ
 
 
気にしたってどうしようもないんだから、
気にしてはいけません。
 
 
終わったものはもうどうしようもない。
倍率とかと一緒です。
 
 
そんなこと気にしても、
次の日のテストに悪影響です。
 
 
集中を乱し、焦りを生み、ミスを発生させるだけです。
 
 
うまくいかなかったとしても、
全部正解できている!
って決めつけて後ろ振り向かず、
前だけ向いていきましょう。
 
 
 
 
 
 

NG行動 その3 調子に乗る

 
 
うまくいかなかった場合の逆で、
今日はいい感じだった!
なんて思うこともあるかもしれません。
 
 
いい感じだったら何も問題ないんじゃない?
って思うかもしれませんが、
そんなことありません。
 
 
うまくいったら、
調子に乗ってしまう可能性が高い。
 
 
調子に乗るのも、
視野を狭くするし、
ミスを生む可能性が高い。
 
 
たとえいい感じだったとしても、
本当にそうなのかどうかはわかりません。
そんなの誰にもわかりませんからね。
 
 
だから
「調子に乗っている場合ではない」
って言い聞かせて、
落ち着いて残りのテストに向かっていって下さい。
 
 
 
 
 
 
上、
試験で全科目終わる前に
絶対にやってはいけないNG行動でした。
 
 
模試とか定期テストくらいなら、
べつにやってしまってもあまり影響ないけど、
本番の試験でやってしまって、
心を乱してしまったら最悪です。
 
 
本番で急にできるようになるものではないので、
日頃の試験の時から意識して実践してみてください。
 
 
最後まで読んでいただきありがとうございました。
しょうり

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください