過去問と模試を使った英語の復習のやり方

スポンサーリンク

こんにちは、
しょうりです。
 
こちらでは、
過去問と模試を使った英語の復習のやり方
についてお伝えします。
 
受験生が勉強道具として
めっちゃ使えるのが模試と過去問
これらをうまく使って復習することで、
効率良く受験レベルの勉強を積み重ねていけます。
 
ぜひ取り入れてみてください。
 
模試と過去問で
若干違うのでわけて解説していきます。
 
 
 

過去問を使った英語の復習のやり方


まずは、
過去問を使った英語の復習のやり方
です。
 
過去問を使った勉強するときは、
ここでお伝えするやり方で
勉強してみてください。
 
 

過去問を使った英語の復習のやり方① とりあえず解く

過去問を使った英語の復習のやり方1つ目は、
とりあえず解く
です。
 
過去問はとりあえず1回
すなおにあたまから解いてみましょう。
 
当然、本番と同じ時間制限付けて
ですよ。
 
時間制限付けないと
過去問演習する意味ないですからね。
 
なので、
まずは解く
ってことで。
 
 

過去問を使った英語の復習のやり方② 間違った問題を書いて復習

過去問を使った英語の復習のやり方2つ目は、
間違った問題を書いて復習
です。
 
過去問を解いたら、
とりあえず答え合わせして、
間違った問題をチェックしましょう。
 
そんで、
長文系以外のミスした問題は、
全部英文を書いて復習して下さい。
 
英語は書くのが一番効果的です。
 
解説読んで、
意味を理解して、
そして書いて頭に叩き込んでください。
 
ここまでやらずに、
ただ答え合わせして直すだけだと
全然頭に入りません。

 
 

過去問を使った英語の復習のやり方③ 90%以上になるまで全問解く

過去問を使った英語の復習のやり方3つ目は、
90%以上になるまで全問解く
です。
 
解き直しも終わったら、
次は90%超えるまで
全問解きなおし
ましょう。
 
90%超えなかったら
何回でも解きなおしてください。
 
間違えた問題は、
チェックして、英文書いて練習
 
そして、
また全問解く。
 
これを90%超えるまで
繰り返してください。
 
これだけやっておけば、
過去問の中身はかなり身につくはずです。
 
 
 

模試を使った英語の復習のやり方


次は、
模試を使った英語の復習のやり方
をお伝えします。
 
ざっくりいえば、
過去問と使い方はだいたい同じです。
 
ですが多少違う部分もあるので、
解説しておきますね。
 
 

模試を使った英語の復習のやり方① 間違った問題を書いて復習

模試を使った英語の復習のやり方1つ目は、
間違った問題を書いて復習
です。
 
模試でミスした問題は
必ずチェックして、書いて復習しましょう。
 
解説を読むだけでは不十分です。
 
必ず解説読んで、
理解を深めてから、
1回書いて落とし込んでください。
 
 

模試を使った英語の復習のやり方② 全部もう一回解いて復習

模試を使った英語の復習のやり方2つ目は、
全部もう1回解いて復習
です。
 
模試の場合は、
すでに解いてしまっているので、
解説見て、解き直しが終わったら、
全部もう1回解きましょう。
 
間違えた問題だけでなく、
すべてです。
 
間違えた問題だけにしてしまうと、
理解が浅い部分やたまたま正解した部分を
見逃してしまうから
です。
 
全部1回解きなおすことで、
そういう部分のあぶり出しができます。
 
 

模試を使った英語の復習のやり方③ 90%以上になるまで全問解く

模試を使った英語の復習のやり方3つ目は、
90%以上になるまで全問解く
です。
 
これは過去問と同じです。
 
とにかく、
90%以上の点数が取れるまで
ひたすら全問解いて
ください。
 
 
 

何回も解いていたら答えを覚えて意味がない?


何回も同じ問題を繰り返していると、
答えを暗記してしまってやる意味がない
って言う人がいます。
 
はっきりいっておきますが、
意味ないなんてことはありません。
 
そういうこと言う人は、
過去問とか模試とかを
90%超えるまで復習したことが
無い人間
です。
 
別に覚えてもいいんですよ。
覚えるほどに理解しているって
証拠だから。
 
 
 

受験勉強では自分を甘やかさないこと


「90点以上取るまで解きなおせ」
とかいうと
必ず「そんなの無理」って言う人が
います。
 
何でムリなんですか?
何でやりもしないのにわかるんですか?
科学的に証明できるんですか?
予知能力者ですか?

 
とまぁ意地悪言っても仕方ないので、
これくらいにしておきます。
 
やればできます。
というか、
できるまでやるんです。
 
それくらいの覚悟持って
勉強しないと効率よく成長できません。
 
自分を甘やかさないのが大切です。
 
人間自分のことになると
すぐ甘やかしたくなっちゃいますからね。
 
意識して、
甘やかさないように
していきましょう。
 
 
 

最後に


以上、
過去問と模試を使った英語の復習のやり方
でした。
 
過去問と模試をうまく使えば、
めっちゃ効率よく
受験レベルのスキルを磨いていけます。

 
ただ解くだけでは意味ありません。
間違ったとこだけ直しても効果薄いです。
 
やるなら全部まるごと、
90%以上解けるようになるまで

です。
 
ちゃんとできるようになりますよ。
できるようになるまでやるんだから(゜-゜)
 
そんでこれを繰り返していけば、
いつのまにかいろんな問題解けるように
なっていきますよ。

 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 高3夏休みの受験勉強のやる気失せてきたときの対処法
⇒ 受験生が秋以降にやるべき勉強と注意すべきこと
⇒ 受験生のための夏休みにおすすめ勉強法
⇒ 下を見て安心するな!上を見ろ!腑抜けないためのメンタル作成術
⇒ 最強の勉強ツール「スタディサプリ高校・大学受験講座」を使ってみた感想、メリット、足りないところなどいろいろ暴露

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください