勉強時間を無理やり増やす方法

スポンサーリンク

こんにちは、
しょうりです。
 
コチラでは、
無理やり勉強の時間の増やす方法
をお伝えします。
 
生活リズムを変えずに時間を増やす方法
だけでは勉強時間が足りず、
もっと勉強時間がほしい!もっと勉強したい!
という素晴らしい気持ちが生まれたときや、
勉強時間が足りない!間に合わない!
というピンチの時に、使ってみてください。
 
 
 

無理やり勉強時間を増やす方法とは?


無理やり時間を生むというのは、
少し自分の生活を削って、
勉強時間を増やす方法です。
 
これは、
自分の生活を削る
という代償を払う代わりに、
超簡単に勉強時間を増やすことが可能
です。
 
簡単なので、
気軽に使いがちですが、
その分リスクもあるので
そのあたりもしっかり理解しておきましょう。
 
 
 

無理やり勉強時間を増やすメリット・デメリット


ここからは、
無理やり勉強の時間を増やすメリットとデメリットについて
お伝えしていきます。
 
両方を理解して、
効果的に使うことで、
リスクをできるだけ小さくして、
勉強に活かしていくことができるようになります。
 
 

無理やり勉強時間を増やすメリット

無理やり勉強時間を増やすメリットは、
超簡単に勉強時間を増やせる
です。
 
時間がどうしてもないときに、
この方法を使えば、
多少のリスクと引き換えに、
簡単に多くの時間を生み出せます。

 
なので、
困ったときには、
本当に便利
ではあります。
 
 

無理やり勉強時間を増やすデメリット

無理やり勉強時間を増やすデメリットは、
・しょうじきしんどい
・ストレスたまる

ですかね。
 
無理やりなので、
しょうじきしんどいし、
ストレスもたまります。

 
だから基本的には、
使わないにこしたことはないです。
 
だけど、
どうしても勉強時間が足りないことも
あるかもしれません。
 
そういうときは仕方ないので、
こういうデメリットがある
ということを認識しておき、
覚悟を決めて使ってください。
 
 
 

無理やり勉強時間を増やす方法


ここからは、
無理やり勉強時間を増やす方法
お伝えしていきます。
 
やることは単純です。
 
すでにやったことある人は、
多いと思います。
 
だけど何度も言いますが、
基本的に使うのはおすすめしません
 
基本は、
生活リズムを変えずに勉強時間を増やす方法を
使って勉強の時間を確保してください。
 
 

無理やり勉強時間を増やす方法① 睡眠時間を削る

無理やり勉強時間を増やす方法1つ目は、
睡眠時間を削る
です。
 
まぁ定番ですよね。
時間が足りないなら、寝る時間を削る。
 
一番手軽で鉄板の方法です。
 
ただし、
寝る時間をゼロにしてはいけませんよ。
 
必ず睡眠をとらないと
記憶の効率が下がります。
記憶は寝ている間に脳に定着するので・・・。
 
あと睡眠時間が6時間未満になると、
徹夜と同じらしいので、
6時間も切らないようにしましょう。
 
 

無理やり勉強時間を増やす方法② 遊びを封印する

無理やり勉強時間を増やす方法2つ目は、
遊ばない
です。
 
まぁこれも定番ですよね。
時間がないなら、遊ぶな
ただそれだけです。
 
どうしても時間が足りないなら、
しょうがないです。
 
遊ぶの我慢しましょう
 
 
 

無理やり勉強時間を増やす方法の注意点


ここからは、
無理やり勉強時間を増やす方法の注意点
お伝えしていきます。
 
ここでお伝えすることを、
理解しておかないと、
体調崩す下したり、
精神的におかしくなったり、
いろいろまずいことにもなりかねない
ので、
しっかり理解しておいてください。
 
 

無理やり勉強時間を増やす方法の注意点① 日常的に使ってはいけない

注意点1つ目は、
日常的に使ってはいけない
です。
 
無理やり勉強時間を増やす方法は、
本来使うべきではないやり方です。
 
だからそれを
日常的にしてはいけません。
 
単純にしんどいし、
リズムも悪いので、
精神・体調を崩すリスクも高まります。
 
 

無理やり勉強時間を増やす方法の注意点② 急にはダメ

注意点2つ目は、
急にはダメ
です。
 
例えば、
いつも9時間くらい寝ているのに、
急に睡眠時間を6時間にするとか
は、
やめておきましょう。
 
急にリズムを変えると、
体調崩すリスクが跳ね上がります。
 
なのでやるなら、
とりあえず30分ずつとか
徐々にいじって
いきましょう。
 
遊びも同様です。
 
急にゼロにしないで、
徐々に減らしていくようにしましょう。
 
遊びを急にゼロにすると、
ストレスのたまりいぷりが、
どえらいことに
なりますから。
 
 
 

無理やり勉強時間を増やす方法の使いどころ


ここからは、
無理やり勉強時間を増やす方法の使いどころ
についてお伝えします。
 
基本的には使ってはいけない、
ならどういうときに使えばいいのか?
 
そこも理解しておくことで、
リスクを最小限に抑えて、
効果的にこの方法を使っていける
ようになります。
 
 

無理やり勉強時間を増やす方法の使いどころ① テスト前

使いどころ1つ目は、
テスト直前
です。
 
テストにむけて、
しっかり勉強してきたけど、
予定のレベルに仕上げるには、
もうちょっと時間が足りない
 
ってときに使ってください。
 
数日だけ遊びを少し封印したり、
30分、1時間だけ睡眠を削ったり、
数日程度であれば、
そんなにダメージなくできるはずです。
 
 

無理やり勉強時間を増やす方法の使いどころ② 受験前

使いどころ2つ目は、
受験前
です。
 
受験前といっても、
1年以上前から、
睡眠と遊びを削って勉強しろ!
って話ではありません。
 
例えば半年間で一気に成績上げたいとか、
残り1ヶ月で伸ばせるだけ伸ばしたいとか
そういう場合限定です。
 
短期間で一気に伸ばしたいときは、
多少遊びや睡眠を削って、
時間を確保することも重要です。
 
なのでそういうときは、
使ってみてください。
 
ただし、
上で挙げた注意点は必ず守ってくださいね。
 
 
 

最後に


以上、
無理やり勉強時間を増やす方法
でした。
 
はっきりいってココで紹介した方法は、
最後の手段です。
 
一般的に、
一生懸命勉強する
というと、
ここに書いている方法を実践する人が多いかもしれません。
 
しかし、
日頃からうまく時間を作って、使って、
効率よく勉強していれば、
こんな方法は必要ありません
 
この方法をいつも使うのは、
しんどいし、だるいし、疲れるし、
ぶっちゃけ非効率です。
 
最初からずーっと、
効率良く時間を作って
勉強し続けていれば、
ほぼ必要ない方法です。
 
大げさに言えば、命を削る方法なので、
この方法をあたりまえにするのはやめておきましょう。
 
何度もいいますが、
いざというとき
ピンチなとき限定にしておきましょう。
 
無理は続きません。
しんどい方法を使うのは、
勝負時!短期間だけ!です。
 
だって、
寝るのとか遊ぶの我慢するのって、
しんどいし、イヤじゃないですか。
 
なるべく使わずに済む方法で
ゆるく楽しくやっていきましょう。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
しょうり

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください