塾に行きたくない中学生、高校生に必要な5つの行動と覚悟

スポンサーリンク

こんにちは、
しょうりです。
 
こちらでは、
塾に行きたくない中学生、高校生に向けた
行動の選択肢や考え方について

お伝えしていこうと思います。
 
塾に行きたくない!
って思っている方は
よかったら参考にしてください。
 
 

塾に行きたくないときの対処法


ここからは、
塾に行きたくないときの対処法
をお伝えしていきます。
 
どれを選ぶのも自由です。
 
大切なのは、
ちゃんと覚悟決めて、
考えて自分で選択すること
です。
 
 

塾に行きたくないときの対処法① やめる

塾に行きたくないなら
やめる
というのが1つ目の選択肢。
 
イヤなモノをムリに続けても、
正直あまりいいことないですからね。
 
もうほんとに行きたくなくて仕方がない!
ってときは
思い切って辞めてしまったほうが
いいかもしれません。
 
 

塾に行きたくないときの対処法② いったん休む

塾に行きたくない場合、
休塾する
という選択肢もあります。
 
できる塾とできない塾があるかも知れませんが、
一旦休塾しておいて、
また行く気になったら再開できるようにしておく。

 
というカタチをとるのも、
再会する可能性があるのなら
有効
な選択肢かと思います。
 
 

塾に行きたくないときの対処法③ 塾を変える

塾が合っていないなくて、
行きたくなくなっている場合は、
塾の変更を検討してみましょう。
 
塾はいろいろあります。
だから合う合わないはどうしてもあります。
 
合わない塾なのに、
ムリに続ける必要はないと思います。
 
別の塾に変えたからと言って、
確実に合うかどうかはわかりませんが、
少なくとも今よりもよくなる可能性はありますからね。
 
 

塾に行きたくないときの対処法④ 勉強のやる気を出す方法を試してみる

単に勉強のやる気が出なくて、
塾に行きたくない場合は、
勉強のやる気を出す方法
を試して
みてください。
 
勉強のやる気を出す方法は、
以下の記事を参考にしてください。
 
勉強のやる気が出ないとき。4つのパターン別対処法。
 
これを試してやる気が出れば、
それで問題は解決ですからね。
 
 
 

塾をやめる場合にやるべきこと


ココからは、
塾をやめる選択を選んだ場合に、
決めておくべき覚悟やるべきこと
について
お伝えしていきます。
 
ただ塾をやめて、
勉強しなくなっては、
最悪です。
 
なので塾に行かない場合、
どんなふうに勉強していくべきなのか?
 
それをしっかり理解したうえで、
やめる
という選択肢を選びましょう。
 
 

塾をやめる場合にやるべきこと① 自分でしっかり勉強する覚悟を決める

塾をやめる場合にやるべきこと1つ目は、
自分でしっかり勉強する覚悟を決める
です。
 
塾に通っている間は、
わからないことがあったら、
塾の先生に聞けばいいけど、
辞めた場合、それが使えなくなります。
 
あと塾の宿題とかもなくなるので、
全部自分で考えて、
プラン立てて勉強する必要
があります。
 
自分で勉強する覚悟を決めて、
毎日自分でどんな勉強するか考え、
自分でしっかりやって理解する。
 
これを確実にやっていく覚悟
決めておきましょう。
 
それがないと、
ただやめて、
勉強サボるだけになって
しまいます。
 
 

塾をやめる場合にやるべきこと② 六式勉強法を学ぶ

塾をやめて、
自分で勉強していく場合、
使えるのが六式勉強法です。
 
もちろん塾に通っていても、
使えるんですが、
自力で理解して、
勉強していく人には、
特におすすめです。
 
というか、
基本的に六式勉強法は、
自分で勉強して、
自力で理解できるように、
なっていくためのノウハウ
なので、
ピッタリです。
 
ぜひ使ってください。
 
六式勉強法
 
 
 

塾に通うのは必要か?


ここからは、
塾に通うことは必要か?
についてわたしの見解をお伝えします。
 
塾を続けるか辞めるかの参考になればと思います。
 
 

無駄ではないが必須でもない

塾に通うべきか?と聞かれた場合、
わたしはこう答えます。
 
「行きたいなら行けばいいけど、必須ではないと思う」
 
もちろん塾に行って、
勉強することは無駄にはならない
とは思います。
 
だけど、
べつに自分でちゃんと勉強できるのであれば、
わざわざ塾行く必要はない
かな
って思います。
 
自分だけでやっていると怠けてしまう
わからないことが質問できる環境が欲しい
 
そんな場合は、
塾を使うのが有効かと思います。
 
ただ必須ではない。
というのは頭に入れておいてください。
 
今塾行っていない人は、
 
「周りはみんな行っているから、
自分もいったほうがいいのかな?」

 
とか思うかもしれないけど、
別に必要と思わないなら、
ムリしていく必要はない
ですよ。
 
お金もいっぱいかかりますし。
 
 

通っても意味ないこともある

塾に通っても無駄になることはない
と言いましたが、
意味ない場合もあります。
 
というか、
せっかく通っているのに
意味がなくなってしまう
という感じですかね。
 
例えば、
塾がハズレの場合と合わない場合。
 
行ったってストレスたまるだけです。
これじゃあ勉強する環境としてふさわしくないので、
意味ないことになってしまいます。
 
あと塾に通っているってだけで、
勉強した気になってしまうのも、
通う意味がなくなってしまいます。
 
あくまでも塾は勉強のサポートです。
 
それなのにそこに通っているだけで、
勉強した気になってそれ以外勉強しない
なんてことになったら塾行く意味ないですよね。
 
という感じで、
場合によっては塾行く意味なくなることもある
というのを理解しておいてください。
 
 
 

塾行きたくないときに絶対にやってはいけないこと

ここからは、
塾に行きたくないときに
絶対にやってはいけないこと

をお伝えします。
 
自分自身にとって良くないことだったり、
まわりに迷惑かけるようなこと
なので、
絶対にやらないようにしてください。
 
 

絶対にやってはいけないこと① 我慢して通い続ける

ガマンして通い続けるのは、
とてもストレスがたまります。
 
耐えられる程度ならいいけど、
あんまりしんどいならムリしない方が
良い
かと思います。
 
勉強はできるだけストレスなく
ストレス少なくやるのがベスト
ですからね。
 
 

絶対にやってはいけないこと② 黙って塾をサボる

黙ってサボるのはやめてください。
 
なんの連絡もなく休まれると、
塾側に迷惑がかかるし、
親も心配
します。
 
行きたくないなら、
しっかり親と話し合って、
筋を通しましょう。
 
黙ってサボるなんていう、
筋の通らないマネはやめましょう。
 
 
 

最後に


以上、
塾に行きたくない中学生、高校生に向けた
行動の選択肢や考え方について

お伝えしました。
 
結局、
塾に行こうが行かなかろうが、
勉強ちゃんとするならどっちでもいい
んです。
 
塾行ったから賢くなるわけでもないし、
塾行かないからバカになるわけでもありません。
 
だから行きたくないなら、
ムリに行く必要はありません。
 
だけど塾はうまく使えば、
勉強の大きなサポートになる
のも間違いありません。
 
なのでよーーーーーく考えて、
自分で判断して、どうするかを決めてください。
 
自分でしっかり考えて出した答えが、
あなたにとっての正解だと、
わたしは思います。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 勉強の効率を爆上げする処理能力の鍛え方
⇒ 受験勉強で失敗しない暗記方法。ポイントは広く浅く、忘れないこと。
⇒ 勉強効率を高める英語ノートの作り方
⇒ 勉強の集中、効率を高める正しい姿勢とは?
⇒ スタディサプリ高校・大学受験講座を使ってみた感想、メリット、足りないところなどいろいろ暴露

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください