処理能力を上げる6つの方法。処理能力が低い人は意識してみてください。

スポンサーリンク

こんにちは、
しょうりです。
 
コチラでは、
六式勉強法6つの柱の1つである、
処理能力を上げる方法
についてお伝えします。
 
 

処理能力とは?

処理能力というのは、
速さのスキル
です。
 
問題を解く速さ、読む速さ
のことです。
 
・時間が足りなくて、最後まで解けない。
・ギリギリで確かめをする時間がない!
・1つの勉強に時間がかかる

 
という方は、
処理能力が低い
ということです。
 
 
 

処理能力が低いと・・・


処理能力が低いとテストだけでなく、
毎日の勉強もやたら時間がかかり、
非常に非効率になってしまいます。
 
さらに勉強だけでなく
日常生活のすべてが非効率になります。
 
非効率になるってことは、
無駄が増えるってことです。
 
つまり処理能力が低い
ってことは命のムダ使い
ってことです。
 
 

処理能力を上げると?


処理能力を上げることで、
1つ1つの動き、頭の回転が速くなって、
問題を解くスピードが上がり
ます。
 
解くスピードが速くなれば、
時間に余裕ができます。
 
時間に余裕ができれば、
よりたくさん勉強できるし、
テストなら、
見直しする余裕が生まれます。
 
余裕が生まれれば、
精神的にラクになります。
 
結果落ち着いて取り組むことができ、
安定してテストでいい点が取れるようになります。
 
そして、
・1つの問題を解くのに時間がかかる
・テストでいつも時間が足りない

 
といった悩みは、
処理能力を上げることで、
改善することができます。
 
なにごとも効率よくこなせるようになるので、
遊ぶ時間・寝る時間などをほとんど削ることなく
成績を上げていくことも可能に
なります。
 
 
 

処理能力を上げる方法


ここからは処理能力を上げるために、
やるべきこと
をお伝えしていきます。
 
日々の勉強に取り入れていくことで、
爆発的に処理能力を上げることができるので、
ぜひ取り入れてみてください。
 

処理能力を上げる方法① 基礎をカンペキに近づける

処理能力を上げる方法1つ目は、
基礎をカンペキに近づける
です。
 
ここって軽く見られがちなんですが、
処理能力を上げるための基本となる部分で、
とっっっっても重要です。
 
これができているだけで、
テストで悪くても平均点くらいは取れるようになるし、
応用問題を自力で考えて解けるようにもなります。
 
しかし、
多くの人は基礎がある程度できるようになったら、
おろそかにしてしまいがちです。
 
そうなると、
しょーもないミスが多発します。
 
しょーもないミスっていうのは、
たとえば、
九九とか、正負の計算とか、通分・約分とか
英単語のスペルとか
漢字のちょっとした間違い(ハネ、トメ、ハライなど)などの
いわゆるケアレスミスといわれるヤツですね。
 
しょーもないミスが多発するということは、
基礎が中途半端にしか身についていないこと
原因のひとつです。
 
だから、
勉強の効率を上げて、
ミスを少なく、
できるだけラクしていい点とって、
さらに点を安定させていくためにも、
基礎はある程度ではなく、
ほぼカンペキに身につけていきましょう。
 
 

処理能力を上げる方法② タイムアタック勉強法

処理能力を上げる方法2つ目は、
タイムアタック勉強法
です。
 
コレを日常的に実践することで、
問題を解くスピードがグングン速くなり、
勉強の時間が足りない!とか、
テストで時間が足りない!なんてことはなくなります
 
日頃の勉強でも、
ひとつの問題にかかる時間が
どんどん減らせるので、
効率も爆発的にあがるし、
自由な時間も作れます。
 
つまりちゃんと勉強しながら、
遊ぶ時間も確保できるように
なります。
 
素晴らしいと思いませんか??
 
 
 
タイムアタック勉強法を
取り入れるべき理由は
もうひとつあって、
それが
「時間の意識」を身につけるため
です。
 
「時間の意識」
これが欠けていると、
日常の勉強とテストが別次元のものになってしまい、
テストで急に時間制限がある状態で
問題を解くハメになります。
 
すると、
時間内に問題を解くスキルも、
時間のプレッシャーに対抗するメンタルも無いので、
時間が全然足りなくて間に合わなかったり、
焦っていつもはやらないようなミスをやってしまったり
します。
 
練習ではできるのに、本番ではミスする。
 
このタイプに多いのが
この日頃からの時間の意識の欠如です。
 
それを防ぐためにいつも勉強する時に、
時間制限を設定(タイムアタック)しましょう。
 
 

処理能力を上げる方法③ 工夫して計算

処理能力を上げる方法3つ目は、
工夫して計算
です。
 
これは、
計算問題の解くスピードをドカン!と高める方法
です。
 
これがあたりまえにできるようになれば、
学校の勉強だけでなく、
日常生活で使う計算もスラスラできるようになります。
 
生活のすべてが効率アップし、
ムダな時間が減ります。
 
処理能力を上げるためには、
まずは基礎を完璧に近づける必要があるんですが、
基礎をただ完璧に近づけただけでは、
スピードアップに限界があります。
 
そこで、
工夫して計算する
を取り入れることで、
反復練習で鍛えた基礎計算のスピードを、
さらにアップできるようになります。
 
あと、
工夫することで、
めんどうな計算を簡略化して考えられるので、
ケアレスミスを減らすことにもつながります。
 
その結果、
時間的・精神的余裕が生まれます。
 
おまけに、
手も疲れなくなります。
計算で書く量が思いっきり減るので。
 
ポイントは、
いかにめんどうなひっ算をしないか?
いかに途中計算を少なくするか?

です。
 
数字をバラバラにしたり、
因数分解を利用したりすることで、
簡単に計算できます。
 
例えばこんな感じです。
 
26×12を計算する場合、
12を10と2に分解して、
aa26×12
=26×(10+2)
=26×10+26×2
=260+52
=312

 
ひっ算してしまいがちな計算も、
工夫すると一切ひっ算なしでできることって
けっこうあるんです。
 
日頃から数字をバラバラにする意識を持って、
工夫できそうなときはやってみてください。
 
慣れていけば、
どんどんスピードも上がって、
とんでもない速さで計算できるようになるはずです。
 
 

処理能力を上げる方法④ 無料アプリを使う

処理能力を上げる方法4つ目は、
無料アプリを使う方法
です。
 
スマホ、タブレットの無料アプリに、
基礎計算を鍛えるアプリ
動体視力を鍛えるアプリ
英単語の勉強のアプリ

とかいろいろあります。
 
そういうのを活用するってことです。
 
スマホにそういうのを入れておけば、
ちょっとしたあき時間に
いつでもどこでも、簡単に、
処理能力を上げることができます。
 
ポチポチスリスリするだけの、
しょうもないゲームするくらいなら、
軽めの勉強ゲームやって、
有意義な時間を過ごしましょう!
 
 

処理能力を上げる方法⑤ 目を鍛える

処理能力を上げる方法5つ目は、
目を鍛える
です。
 
目のスキルを鍛えることでも
処理能力を上げることができます。
 
目を鍛えると、
視野が広がり、
一度に認識できる情報量が増え、
文章を読むスピードが向上し、
頭の回転速度が高くなり、
より早く正確に問題を解けるようになります。
 
ついでに、
ミスに気づきやすくもなります。
 
人間は、
脳で認識する情報の約80%を視覚から得ています。
 
頭に入る情報の多くが目に依存しているというわけです。
 
勉強でもとうぜん眼は使うので、
大きく関わってきます。
 
眼を鍛えるだけで、
解くスピード、読むスピード、覚えるスピードなどなど・・・
さまざまな能力を伸ばすことができます。
 
目を鍛えるのに一番手っ取り早いのは、
速読トレーニング
です。
 
でもコレはガチで学ぼうとすると、
お金と時間がかかるので、
日常生活の中でできる方法も紹介しておきます。
 
・はやく読むことを意識して本を読む
・アクションゲームで鍛える
・走っている車のナンバーを読み取ってみる

 
というのを実践すれば、
少しずつ鍛えていけます。
 
勉強を通して鍛えられるのは、
はやく読むことを意識して読む
ですね。
 
タイムアタック勉強法と組み合わせれば、
勝手に早く読む意識は働くと思います。
 
 

処理能力を上げる方法⑥ 日常生活を使う

処理能力を上げる方法6つ目は、
日常生活の中で処理能力を鍛える方法
です。
 
これができるようになれば、
超基礎レベルの勉強の復習は最終的には、
ほぼ必要なくなります。
 
ぜひ取り入れてみてください。
 
やることは単純。
 
・目に入る数字を計算する
・見たり聞いたりした英語を日本語にする
・見たり聞いたりした日本語を英語にする

 
わからなかったら後で調べる。
 
これだけです。
 
意識して世界を見渡せば、
いろんなところに数字や英語は溢れています。
 
みつけたら、
無意識に計算したり
訳したりするクセをつけましょう。
 
それで簡単に処理能力が上がって、
勉強の効率は跳ね上がります。
 
 
 

最後に


以上、六式勉強法6つの柱の1つ、
処理能力の上げ方
についてでした。
 
いろいろな処理能力の上げ方を紹介しましたが、
これらすべてをやるべきなのか?
というと、
そんなことはありません。
 
できそうなヤツから
試して
いってください。
 
あまり固く考えず、
かる~い気持ちで取り組んでみてください。
 
がんばっていきましょう。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 計算が遅い人が劇的に速くなるためにやるべき7個の方法
⇒ 「塾に行っても成績が上がらない」6つの原因と4つの対策
⇒ 6コの「時間の無駄」と6コの「無駄な時間の削り方」
⇒ テストでいつも点が取れない方へ。テストで一番大切なことはコレ!!
⇒ スタディサプリ高校・大学受験講座を使ってみた感想、メリット、足りないところなどいろいろ暴露

スポンサーリンク

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください