模試で点数が下がる2つの原因と対策。模試が学校のテストより低い人必見。

スポンサーリンク

こんにちは、
しょうりです。
 
コチラでは、
模試で点数が下がる2つの原因と対策
についてお伝えします。
 
なぜ模試になると、
学校のテストに比べると
点数が下がってしまうのか?
 
じつはそれにはしっかり原因があります。
 
なのでそれを明らかにして、
対策を行っていきましょう。
 
 
 

学校のテストで点とれても、模試で取れないと受験は戦えない


学校のテストでは点が取れるのに、
模試で点が取れないと受験は戦えません。
 
なぜかというと、
模試は受験本番を想定した試験だから
です。
 
学校のテストだけで
どれだけいい成績とっても、
模試で点とれなかったら
ぶっちゃけ意味ないんですよ。
 
学校のテストでも、
模試でも同じくらい点が取れるなら、
特に問題ありません。
 
とにかく、
学校のテストでは点とれるのに、
模試では点が大幅に下がるのは、
非常にやばい
という話です。
 
 
 

模試だと点数が下がる原因


ここからは、
模試だと点数が下がる原因
についてお伝えします。
 
原因を明らかにして、
そこをつぶしていき、
解決に持っていきましょう。
 
 

模試で点数が下がる原因① 基礎力不足

模試で点数が下がる原因1つ目は、
基礎力不足
です。
 
テストによって
点数に極端にばらつきがでる
ってことは、
単純に基礎力が足りてないってことです。
 
 
基礎トレ不足
です。
 
もしかしたら基礎は身についているつもり
かもしれないけど、
模試で点が取れないならそれが
基礎が中途半端な証拠です。
 
 

模試で点数が下がる原因② メンタル不足

模試で点数が下がる原因2つ目は、
メンタル不足
です。
 
学校は慣れた環境、知った顔ぶれで受けるから、
わりと落ち着いて解けるけど、
模試はそれがすべて違うからリズムを乱す
ってやつですね。
 
テストでは落ち着いて解くのが一番大切です。
 
なのでこれも対策を実践して、
しっかり解決しておきましょう。
 
 
 

基礎力を鍛え直す方法


ここからは、
基礎力を鍛え直す方法
についてお伝えします。
 
基礎力が不足していると、
点数が安定しません。
 
点が安定しないと、
志望校を絞るのも大変です。
 
しっかり鍛えていきましょう。
 
 

基礎力を鍛え直す方法① 覚えるべきことを覚えなおす

基礎力を鍛え直す方法1つ目は、
覚えるべきことを覚えなおす
です。
 
教科にかかわらず、
最低限覚えておくべきこと
ってあると思います。
 
英単語・熟語、公式、漢字などなど…
 
これらを覚えなおしましょう。
基礎力不足ってことは、
ここに抜けがある
または全体的に中途半端
ってことです。
 
処理能力、暗記力のテクニックを使って、
トレーニングをやり直していきましょう。
 
処理能力
暗記力
 
 

基礎力を鍛え直す方法② 毎日問題を解きまくる

基礎力を鍛え直す方法2つ目は、
毎日問題を解きまくる
です。
 
覚えるべきことを覚えなおすために
やるべきことがコレです。
 
とにかく解きまくって、
頭とカラダに叩き込み
ましょう。
 
基礎レベルのことを、
いちいち悩んでいてはトレーニング不足です。
 
反射的に解けるようになるまで、
繰り返し解きましょう。
 
短期間で鍛え直したいなら、
毎日100問とか200問やりましょう。
 
100とか200って聞くと
それだけでビビる人いるけど、
基礎問題を解くだけなら、
そんなたいした量じゃないですから。
 
 
 

テストのためのメンタルを鍛える方法


ここからは、
テストのメンタルを鍛える方法
についてお伝えします。
 
メンタルもテストでは、
非常に重要です。
 
テストで失敗しない考え方
心に叩き込んで、
しっかり鍛えていきましょう。
 
 

テストのためのメンタルを鍛える方法① 失敗したって人生終わるわけじゃない

テストのためのメンタルを鍛える方法1つ目は、
失敗したって人生終わるわけじゃない
って考えを日頃から持つこと

です。
 
テストで1回失敗したところで、
人生が終わるわけじゃありません。
 
メンタルが原因で失敗する人は、
テストを重く考えすぎです。
 
そんな余計な思考を持っているから、
テストに集中できず失敗するんです。
 
重く考えるのはマイナスでしかありません。
もっと軽く考えて大丈夫です。
 
ちゃんと勉強していれば、
軽く考えたほうが、
いい点とれる
ようになるから。
 
 

テストのためのメンタルを鍛える方法② 場数を踏む

テストのためのメンタルを鍛える方法2つ目は、
場数を踏む
です。
 
普段の顔ぶれ、
いつもの教室じゃなくて、
心を乱してしまうのであれば
この方法を実践してください。
 
とにかく場数を踏むんです。
 
普段の顔ぶれ、
いつもの教室
ではない環境のテストを
なるべく多く経験して、
その状況に心と体を慣れさせるんです。
 
模試だけではなく、
英検とかTOEICとか、
その他の資格試験とか
でもokです。
 
とにかく、
普段慣れ親しんだ環境以外で
試験を受けていく
ことで、
慣れていきましょう。
 
心が動揺するのは、
普段と違うことが起こるからです。
 
だから知らない人だらけ、
知らない教室で受ける試験
というのをあたりまえにしていけばいいんです。
 
そうすれば、
環境が変わったくらいで
テストの結果に影響は出ない
はずです。
 
 
 

最後に


以上、
模試で点数が下がる2つの原因と対策
でした。
 
ここでお伝えしたことを
きっちり身につけ、実践していけば、
学校のテストだろうが模試だろうが、
大した差は無くなるはずです。
 
むしろ学校の試験よりも、
模試とか外部の試験の方が
点数とれるようになる
可能性もあります。
 
ちゃんと実力がついていれば、
教師の変なクセがないテストの方が
解きやすいですからね。
 
というわけで、
しっかり原因を明らかにして、
対策を実行して、
受験で戦えるスキルとメンタルを
鍛え上げていきましょう。

 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください