一夜漬けでテストに臨むときのコツ&一夜漬けのメリット・デメリット

スポンサーリンク

こんにちは、
しょうりです。
 
コチラでは、
一夜漬けでテストに臨むときのコツ

一夜漬けのメリット・デメリット

についてお伝えします。
 
一夜漬けは基本的には、
やらないほうがいいですが…
 
どうしようもないときも
あるかもしれません。
 
そんなときのために、
知っておいて、
いざというときに使ってください。
 
 
 

ここでお伝えする「一夜漬け」とは?


ここで紹介する一夜漬けでテストに臨む勉強法は、
徹夜する方法ではありません。
 
前日の勉強だけで、
テストを突破する方法
だと思ってください。
 
あとにも書きますが、
徹夜はやってはいけない、
最低最悪の勉強法なので。
 
とにかく、
前日、1日だけの勉強で、
テストでそこそこいい点とる

そんな勉強法をお伝えします。
 
 
 

一夜漬けでテストに臨むメリット


ここからは
一夜漬けでテストに臨むメリット
についてお伝えします。
 
一夜漬けでテスト勉強する場合、
こんなメリットがあるということを
一応知っておいてください。
 
 

一夜漬けでテストに臨むメリット① 直前なので集中できる

一夜漬けでテストに臨むメリット1つ目は、
直前なので集中できる
です。
 
テストの前日、
もう時間がないからやるしかない

 
そんな状態になると、
人って集中できるものです。
 
一夜漬けの場合は、
もうあとが無い状態で勉強するので、
時間に余裕がある時に比べると
集中して勉強に取り組むことができます。一応。
 
 

一夜漬けでテストに臨むメリット② 実力以上の点が取れるかも

一夜漬けでテストに臨むメリット2つ目は、
実力以上の点が取れるかもしれない
です。
 
前日に一気に知識をつめこんで、
その勢いでテストを受けるので、
自分の実際の実力以上の点が取れることがあります。
 
だったらいつも一夜漬けすればいいのでは?
って思うかもしれませんが、
これは短期的なテストでしか使えない方法なので、
受験などの長期的なテスト向きではありません。
 
 
 

一夜漬けでテストに臨むデメリット


ここからは、
一夜漬けでテストに臨むデメリット
についてお伝えします。
 
メリットよりも
デメリットが多い方法
なので、
利用するにしてもしっかりここを
認識したうえで利用してください。
 
そうしないと失敗します。
 
 

一夜漬けでテストに臨むデメリット① テスト中に頭が働かないかも

一夜漬けでテストに臨むデメリット1つ目は、
テスト中に頭が働かないかも
です。
 
一夜漬けは、
普段の生活に比べると睡眠時間が減ります。
 
となると、
テストのときに、
アタマが回らないリスク
があるわけです。
 
そうなると、
せっかく一夜漬けで叩き込んだ知識も、
うまく引き出せない可能性が
あります。
 
とくに暗記系じゃないテストで、
一夜漬けをしてしまうとこうなりがちです。
 
 

一夜漬けでテストに臨むデメリット② テスト中に睡魔に襲われる

一夜漬けでテストに臨むデメリット2つ目は、
テスト中に睡魔に襲われる
です。
 
アタマ働かない程度ですめば
まだマシな方です。
 
もしも、
睡眠不足によって、
睡魔に襲われて負けた場合…
 
目が覚めたらテスト終了時刻。
 
なんてことも
ありえます。
 
そうなったらすべてが水の泡です。
 
そんなリスクもあるのが、
一夜漬け作戦です。
 
 

一夜漬けでテストに臨むデメリット③ 知識は定着しない

一夜漬けでテストに臨むデメリット3つ目は、
知識は定着しない
です。
 
一夜漬けで勉強した場合、
覚えたことは2時間後に70%、
8時間後には90%以上失われる
と言われています。
 
じっくり時間をかけて
繰り返し復習して身につけたものと比べると、
 
一夜漬けで頭に叩き込んだ知識は、
本当に抜けていきます。
 
これは私自身も体験してきたことなので
本当です。
 
なので一夜漬けでテストに臨んだ場合、
その勉強はあとで無意味なモノになる。
 
ということも認識しておいてください。
 
 

一夜漬けでテストに臨むデメリット④ 点が取れるとも限らない

一夜漬けでテストに臨むデメリット4つ目は、
点が取れるとも限らない
です。
 
一夜漬けでテストに臨むメリットでは、
実力以上の点が取れることもある
とお伝えしました。
 
しかし、
必ずしもそうなるとは限りません。
 
運が悪ければ逆に、
点が取れないこともありえます。
 
知識がハンパだったり、
問題が想定より難しかったり、
眠気にまけたり…
 
いろいろな悪い条件がそろうと、
点が取れない可能性も高いです。
 
 
 

一夜漬け向きのテスト


ここからは、
一夜漬けで向きのテスト
についてお伝えします。
 
一夜漬けでテスト突破を狙うなら、
こういうタイプのテストがいい!
というのがあるので、
参考にしてください。
 
逆に、
ここで挙げないタイプのテストは、
一夜漬け向きではないということです。
 
なので、
一夜漬けの使いどころを間違わないためにも
知っておいてください。
 
一夜漬け向きだからといっても、
基本的にはやらないほうがいいのは
変わらない
のでそこはカンチガイしないでくださいね。
 
 

一夜漬け向きのテスト① 暗記だけで何とかなるテスト

一夜漬け向きのテスト1つ目は、
暗記だけで何とかなるテスト
です。
 
ただひたすら知識を頭につめこむ
ひたすら暗記だけすれば何とかなるテストは、
一夜漬け向きです。
 
数学の計算練習みたいに、
しっかり身につくまで
繰り返し練習するとか必要ないからです。
 
とりあえず知識が頭に入ってさえいれば、
テストはなんとかなります。
 
例えば社会の歴史とか、
理科の知識問題とか

ですかね。
 
この辺りは覚えるだけなので、
一夜漬けでもなんとかなるかもしれません。
 
 

一夜漬け向きのテスト② 覚える量が少ないテスト

一夜漬け向きの手うと2つ目は、
覚える量が少ないテスト
です。
 
テスト範囲が異常に狭くて、
内容も大して難しくない場合。

 
そんなときも
一夜漬けで何とかするのは可能です。
 
本来は一夜漬けは
暗記系向きなんですが、
この場合に限っては、
どんな科目でも使える
と思います。
 
範囲が狭ければ
それだけ覚える量も少なくなるから、
短時間でなんとかしやすいですからね。
 
 

一夜漬け向きのテスト③ テストさえ乗り切ればいいだけのとき

受験とか将来とか
そんなものはづでもよくて、
とにかくそのテストでいい点とることだけが
目的の場合
一夜漬けでもいいです。
 
私も過去に、
卒業に必要な単位を取るためだけに
クリアしなければならないテストがあったとき
は、
前日に叩き込むだけで突破しました。
 
授業は当然、最低最悪授業だったし、
一夜漬けなのでまったく頭には残っていません。
 
それでもいいから、
とにかくテストで点とるだけ!
ってときは使ってみてください。
 
 
 

一夜漬けでテストに臨むときの勉強のコツ


ここからは、
一夜漬けでテストに臨むときの勉強のコツ
についてお伝えします。
 
基本的に一夜漬けはおすすめしませんが、
使うしかないときもあるかもしれません。
 
いざ使うときにやり方間違うと、
失敗します。
 
なのでコツもお伝えしておきます。
うまーく利用してください。
 
 

一夜漬けのコツ① 不眠はダメ

一夜漬けのコツ1つ目は、
不眠はダメ
です。
 
全く寝ないというのは、
脳に非常によくありません。
 
一夜漬けするって言っても、
必ず少しは寝るようにしましょう。
 
理想は6時間。
どうしてもダメなら4.5時間
3時間は最低でも寝るようにしましょう。
 
寝ないと記憶も定着しませんからね。
 
 

一夜漬けのコツ② 理解は捨てる

一夜漬けのコツ2つ目は、
理解は捨てる
です。
 
一晩で知識を頭に叩き込むときに
理解まで求めていたら間に合いません。
 
感情を捨てて、
ただひたすら情報を頭に書き込むことだけに
意識を集中して勉強しましょう。
 
 

一夜漬けのコツ③ 寝る直前までやる

一夜漬けのコツ3つ目は、
寝る直前までやる
です。
 
寝る直前まで知識をつめこむ方が、
知識が頭に残りやすいです。
 
なので寝る直前まで、
暗記しまくって、そのまま寝ましょう。
 
寝る前にスマホ触るとか
テレビ見るとかはやってはいけません。
 
 

一夜漬けのコツ④ 全部やろうとしないで絞る

一夜漬けのコツ4つ目は、
全部やろうとしないで絞る
です。
 
前日だけですべてを勉強しようとしたら、
間に合いません。

 
化け物みたいな方々は、
出来るのかもしれませんが…
 
凡人には厳しいです。
私はムリです。
 
なので覚えることを絞りましょう。
絞れば勉強量が減るので、
1つ1つの定着効率は高まります。
 
山をはる
というよりは、
広く浅く覚える
 
という意識でやってみてください。
 
 

一夜漬けのコツ⑤ ある程度の準備は先にやっておく

一夜漬けのコツ5つ目は、
ある程度の準備は先にやっておく
です。
 
覚えることをまとめるとか、
課題を片づけておくとか、
そういうテスト前日までに
終わっていてあたりまえの最低限のことは、
しっかり片づけておきましょう。

 
それができていないと、
テスト勉強やりようありません。
 
あくまでも一夜漬けでやるのは、
「覚えること」
この一点に絞っていきましょう。
 
そうすれば、
一夜漬けでもテストで点とりやすいです。
 
 
 

最後に。


以上、
一夜漬けでテストに臨むときのコツ&一夜漬けのメリット・デメリット
でした。
 
一夜漬けは基本的にはおすすめしません。
知識が頭に残らないから。
 
まぁそういわれても、
ピンと来ないかもしれません。
 
1回試せば実感できると思うので
1回くらい試してみるのはおもしろいかもしれません。
 
とりあえず一夜漬けでテストに臨むのは、
基本は避けるようにしていきましょう。
 
使うのはどうしようもなくなったときだけ!
 
ムリは続きませんからね。
使うならいざというときのみ、単発で!です。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください