部活と勉強の両立ができないときのやってみるべき対処法と決めるべき覚悟

スポンサーリンク

こんにちは、
しょうりです。
 
コチラでは、
部活と勉強の両立ができないときのやってみるべき対処法と決めるべき覚悟
についてお伝えします。
 
部活と勉強が両立できない原因はなにか?
部活と勉強を両立するにはどうすべきか?
部活と勉強を両立できないならどうするべきか?

 
すべて明らかにしていきます。
ぜひ参考にしてください。
 
 

部活と勉強が両立できない原因


ここからは
部活が両立できない原因
についてお伝えします。
 
まずは原因をはっきりさせて、
その先どうするか?
考えていきましょう。
 
 

部活と勉強が両立できない原因① 部活の時間が長すぎる

部活と勉強が両立できない原因1つ目は、
部活の時間が長すぎる
です。
 
部活の時間が長すぎて、
家に帰ってくる時間が遅くて、
勉強する時間が確保できない。

 
よくあるパターンかなと思います。
だけどこれはよくありませんね。
 
勉強の時間をどう確保するか?
を考えていきましょう。
 
 

部活と勉強が両立できない原因② 部活をいいわけにしているだけ

部活と勉強が両立できない原因2つ目は、
部活をいいわけにしているだけ
です。
 
部活から帰っても、
十分時間はあるのにもかかわらず、
部活が忙しいとか、疲れたとかいって、
部活をいいわけにして勉強から逃げているパターンです。
 
これもしっかり対処法を実践して、
勉強の時間を確保していきましょう。
 
 

部活と勉強が両立できない原因③ 部活が原因ではない

部活と勉強が両立できない原因3つ目は、
部活が原因ではない
です。
 
そもそも部活はまったく関係ない
というパターンです。
 
コレの場合は、
部活どうこうというよりは、
単に勉強時間をちゃんと確保するための
対処を行えばいいだけ
です。
 
 
 

部活引退後に成績が伸びる?


ここからは、
部活引退後に成績が伸びるのか?
についてお伝えします。
 
よく部活を頑張っていた子が、
引退後に勉強したら、
成績ががっつり上がる
なんて言われていますが・・・
 
それは実際のところどうなのか?
しっかり理解しておいてください。
 
 

全員の成績が伸びるわけじゃない

部活を頑張ってきた子は、
体力とか集中力があるから、
勉強にその力を注げば伸びる。
 
とか言われますが、
そうはいっても全員伸びるわけではないです。
 
はっきりいって、
最低限の勉強を
してきていないやつは伸びない
ですよ。
 
小学校レベルの基礎、
中学レベルの基礎
その程度は部活やりながらでも
最低限勉強すべき勉強を、
しっかりやってきた子が伸びる
んです。
 
 

一気に成績を上げるために必要なコト

一気に成績を上げるために必要なことは、
2つです。
 
それは
・集中力
・正しい勉強法

です。
 
この2つがそろっていれば、
部活引退後に勉強頑張って、
一気に成績を伸ばせるでしょう。
 
部活を一生懸命やっていたのなら、
集中力はすでに身についているはずです。
 
正しい勉強法は、
六式勉強法を参考にしてください。
 
圧倒的に効率よくできると思います。
 
2つを組み合わせて、
ドカンと成績を上げられるでしょう。
 
 
 

部活と勉強を両立できるようにする方法


ここからは、
部活と勉強を両立できるようにする方法
についてお伝えします。
 
ここでお伝えすることを
しっかり実践すれば、
そんなに困ることなく両立できると思います。
 
 

部活と勉強を両立できるようにする方法① いいわけしない

部活と勉強を両立できるようにする方法1つ目は、
いいわけしない
です。
 
部活を言い訳にして、
勉強から逃げるのは絶対にダメです。
 
部活をやりたいなら、
やればいいです。
 
だけど、
それを言い訳にするのは、
ルール違反です。
 
部活をやるなら、
それをいいわけにせず、
勉強もちゃんとやる。

 
その覚悟を持って
取り組みましょう。
 
 

部活と勉強を両立できるようにする方法② 寝る前の時間を使う

部活と勉強を両立できるようにする方法2つ目は、
寝る前の時間を使う
です。
 
寝る前の30分とか1時間とか、
そういう時間をちょっと勉強に使いましょう。
 
瞼をとじたら気を失うくらい眠いときは、
仕方ありませんが、
毎日そんな状態にはならないでしょう。
 
毎日寝る前にちょっとだけでも
勉強するようにしましょう。
 
ほんの30分とかでも、
積み重ねていけば、
かなりの時間になるので、
なにもやってないやつらに
大きな差
をつけられます。
 
 

部活と勉強を両立できるようにする方法③ 朝の時間を使う

部活と勉強を両立できるようにする方法3つ目は、
朝の時間を使う
です。
 
夜は眠くてできない
という場合はこちらでいきましょう。
 
朝少し早めに起きて、
ちょっと勉強する。

 
ちょっとでもいいので、
勉強しましょう。
 
30分~1時間もやれれば十分です。
 
少ない時間でも、
積み重ねていけば、
大きな成果
につながります。
 
 

部活と勉強を両立できるようにする方法④ 最大限効率化する

部活と勉強を両立できるようにする方法4つ目は、
最大限効率化する
です。
 
勉強の効率をできる限り効率化することで、
少ない時間でも高い効果を得ることができます。
 
勉強の効率を高める方法は、
六式勉強法を参考にしてください。
 
爆発的に効率を高めることができます。
六式勉強法
 
 
 

部活と勉強を両立できない場合


ここからは、
部活と勉強が両立できない場合に
選ぶべき行動の選択肢

お伝えしておきます。
 
どうしても両立できないなら仕方ありません。
どっちか選んでください。
 
 

部活をやめる

どうしても部活と勉強が両立できない場合の選択肢1つ目は、
部活をやめる
です。
 
両立できないなら、
仕方ありません。
 
やめましょう。
 
部活よりも勉強の方が大切ですから。
 
 

部活を変える

どうしても部活と勉強が両立できない場合の選択肢2つ目は、
部活を変える
です。
 
絶対に部活に入らないといけない
なんて残念なルールがある場合は、
ラクな部活に変えましょう。
 
勉強のためです。
両立できないなら仕方ありません
 
 
 

最後に


以上、
部活と勉強の両立ができないときのやってみるべき対処法と決めるべき覚悟
でした。
 
部活と勉強を両立させるのは、
しっかり覚悟をもって、
最大限効率化していけば、
難しいことではありません。
 
部活をいいわけせず、
最低限の勉強はしっかりやりつつ、
部活も頑張っておけば、
受験シーズンに頑張ったら、
成績を上げて
いけます。
 
がんばっていきましょう。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください