英作文が劇的に書けるようになる勉強法を暴露

スポンサーリンク

こんにちは、
しょうりです。
 
コチラでは、
英作文が劇的に書けるようになる勉強法
についてお伝えします。
 
知らないと英作文のスキルが全く身につかない勉強を
やり続けてしまう可能性もあるので、
ぜひ知っておいてください。
 
 

英作文のトレーニングに必要な知識


ここからは、
英作文のトレーニングに必要な知識
についてお伝えします。
 
ここでお伝えする知識を備えていないと、
どれだけ練習してもあまり効果は得られません。
 
なのでまずは、
必要な知識の習得から、
始めていきましょう。
 
 

英作文のトレーニングに必要な知識① 単語・熟語

英作文のトレーニングに必要な知識1つ目は、
単語・熟語
です。
 
全部とは言いませんが、
ある程度単語と熟語を知っていないと
英作文はできません。
 
とはいっても、
すごく大量に覚えないといけないのか?
というとそうでもありません。
 
英作文練習しながら覚えることもできるので、
よく出てくる、英作文で良く使う基本的な単語と熟語さえ
頭に入っていればあとはトレーニングしながら身につけていけます。
 
なので、
まずは基礎的な単語と熟語を頭に入れましょう。
 
 

英作文のトレーニングに必要な知識② 中学レベルの文法の理解

英作文のトレーニングに必要な知識2つ目は、
中学レベルの文法の理解
です。
 
中学レベルといっても、
中学3年間すべてではありません。
 
難しい表現は気にしなくていいです。
 
文法の基本的な型だけ
しっかり覚えておきましょう。
 
こまかいことは、
英作文の勉強しながら身につけていけます。
 
 

英作文のトレーニングに必要な知識③ 語順の理解

英作文のトレーニングに必要な知識3つ目は、
語順の理解
です。
 
これも英作文しながら鍛えられなくもないですが、
さきにある程度理解しておいた方が効率的です。
 
語順を理解するには、
並べ替え問題を繰り返すのが効果的です。
 
勉強にかけられる時間が
あまりない場合は、
とばしても大丈夫です。
 
 
 

英作文のコツ


ここからは、
英作文のコツ
についてお伝えします。
 
知っておかないと、
変に難しく考えすぎてしまったり、
悩みすぎて時間を無駄にしてしまいます。
 
しっかり理解して、
スムーズに確実に点につなげられるようにしましょう。
 
 

英作文のコツ① すごく簡単な日本語で考える

英作文のコツ1つ目は、
すごく簡単な日本語で考える
です。
 
英作文のとき、
書こうとする英文をまずは日本語で考えますよね。
 
でも、
考えた日本語をそのまま英語にしようとすると、
たぶん不可能だと思います。
 
なぜかというと、
思い浮かべている言葉が
難しすぎるから。
 
なので英作文の文章を考えるときは、
小学校低学年、幼稚園くらいの子が言いそうな感じ
をイメージして考えましょう。
 
子供が話すような表現を意識すれば、
英語にしやすくなるはずです。
 
 

英作文のコツ② 簡単な表現を使う

テストで英作文を書くとなると、
なぜか難しい表現を使わないといけない
って思いこむ人がいます。
 
でもそんな必要はありません
 
英作文で大切なことは、
難しい表現を使うことではなく、
ミスなく書くこと
です。
 
ムリに難しい表現を書こうとして間違うより、
無難で簡単な表現を使ったほうが確実に点が稼げます。
 
簡単な単語、表現を駆使して、
できるだけ簡単にシンプルに書くことを意識しましょう。
 
 
 

英作文のコツ③ 型を用意しておく

英作文のコツ3つ目は、
型を用意しておく
です。
 
こう聞かれたらこう答える的なストックを
作っておくということです。
 
ありがちなのが、
・日本の文化を紹介
・高校で取り組みたいこと
・海外の人に日本のおすすめのスポットを教える

とかですかね。
 
過去問とか模試やっていると、
なんとなくパターンがあると思います。
 
なので考えられる範囲でいいので、
こうきたら、こう返す
っていうのを用意しておきましょう。
 
すべてを網羅するのは難しいけど、
もしストックしたのがテストに出ればラッキーだし、
出なくても似たようなのを流用して、
うまいことかけることもあります。
 
書けるパターンを増やすことで、
英作文のスキルはどんどん伸びます。
 
悩む時間を短縮することにも
つながります。
 
なので、
こう聞かれたら、こう返す
考えてみてください。
 
 
 

英作文の練習方法


ここからは
英作文の練習方法について
お伝えします。
 
ここでお伝えすることをしっかりやっておけば、
英作文のチカラは確実についていきます。
 
多少地道な努力は必要ですが、
やればできるようになります。
 
 

英作文の練習方法① 日本語を英語に直す

英作文の練習方法1つ目は、
日本語を英語に直す
です。
 
日本語を見て、英文をまるまる書く練習
をやっていきましょう。
 
穴埋め、並び替えは基礎的な文法を
理解するのに使うのはいいけど、
英作文の練習には使えません。
 
なので、
とにかく日本語を見て、英語に直す
これが英作文の練習の基本です。
 
 

英作文の練習方法② 英語を日本語に直す

英作文の練習2つ目は、
英語を日本語に直す
です。
 
日本語に直す練習も一緒にやっておくと、
より英作文のスキルが高まります。
 
学校で習うわかりにくいカチコチの訳ではなく、
出来るだけカジュアルで簡単な日本語に直せるよう
に意識していきましょう。
 
自分にとってわかりやすい表現で
覚えていくことで、
英作文を考えるときもやりやすくなります。
 
 
 

テストで英作文を書くときの注意点

ここからは、
テストで英作文を書くときの注意点
についてお伝えします。
 
ここでお伝えすることは
しっかり守らないと点を失うことにもなりかねません。
 
しっかり覚えていきましょう。
 
 

テストで英作文を書くときの注意点① 迷ったら使わない

テストで英作文を書くときの注意点1つ目は、
迷ったら使わない
です。
 
しっかりトレーニングを積んできて、
文法もほとんど覚えているはず。
 
なのにいざ書こうと思うと、
ちょっと不安。
 
もしそういう状況になったら、
その表現は使わないでおきましょう。
 
迷うなら使わない方が無難です。
 
それよりも、
自信持って書ける表現に変えて、
書いて
いきましょう。
 
無難に攻めるのが鉄則です。
 
 

テストで英作文を書くときの注意点② カッコつけない

テストで英作文を書くときの注意点2つ目は、
カッコつけない
です。
 
英作文のトレーニングを積んで、
慣れてくると、
カッコつけて難しい表現を
使ってみたくなります。

 
だけど、
それはやめておきましょう。
 
確実に身についている表現ならいいけど、
そうじゃないなら危険です。
 
カッコつけずに、
無難、無難で攻めていきましょう。
 
カッコいい英語書くよりも、
テストで点とることの方が大切ですから。
 
 
 

最後に。


以上、
英作文が劇的に書けるようになる勉強法
でした。
 
英作文の勉強は、
特別なことは必要ありません。
 
英語を書く練習するだけです。
 
だけど意外とみんなやってないものです。
 
これ取り入れるだけで、
英作文スキルは跳ね上がります。
 
ぜひ取り入れてみてください。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください