ゲームで視力は低下する?回復する?その真相を共有!

スポンサーリンク

こんにちは、
しょうりです。
 
こちらでは、
ゲームで視力は低下するのか?回復するのか?
についてお伝えします。
 
いろんな情報が飛び交っていて、
結局どうなのか?
って話を共有できればと思います。
 
 
 

ゲームは目に悪い?


ここからは、
ゲームは目に悪いのか?
についてお伝えします。
 
ゲームをすると目が悪くなる
って一般的には思いこまれていますが…
 
実際のところどうなのか?
お伝えしておきます。
 
 

ゲームで目が悪くなると証明した論文は存在しない

ゲームの時間、テレビの視聴時間と視力の関係について
研究した論文
がありました。
 
その論文の結論には、
テレビ視聴時間と視力の間
ゲームの時間と視力の間

 
これらには明確な関係は見いだせなかった。
と書いてあります。
 
つまり、
一般的にはゲームすると目が悪くなる
って言われているかもしれないけど、
それは根拠は全くない
って話です。
 
だから過剰に気にする必要はありません。
 
 

ゲームしたら視力が良くなった(経験談)

わたし個人の話ですが、
一時期ゲームをやらない時期がありました。
 
で、パソコン作業は多くやっていて、
おそらくそれが原因で、
視力が下がったり、
目がかすむ
ような日々が続いていました。
 
そのあとしばらくして、
またゲームをする日々に戻してみました。
 
すると、少し視力が回復しました。
 
ゲームやってなかったころは、
ぼんやりしていた文字が、
少しはっきりみえるようになったんです。
 
これはわたしの体験談なので、
個人差はあると思いますが、
わたしはゲームをすることで、
目の調子が良くなりました。
 
 
 

視力低下はゲームというより目の使い方

同じ距離を長時間見続けるのがダメ

ゲームに限らず、
PCやスマホでもテレビでも本でも…
 
とにかく、
長時間同じ距離のものを観続けるのが
目に優しくありません。

 
これによって、
目のピントを合わせる能力を弱体化させてしまい、
視力低下につながっていきます。
 
目の筋肉に負担をかけないようにするのが
大切
です。
 
 

視力回復にはアクションゲームがおすすめ

ある研究によると、
アクションゲームをすると、
視力が改善した

という結果が出ているようです。
 
ちなみに、
アクションゲーム以外では、
視力の改善は見られなかったとのことなので、
ゲームするならアクションの方が良い
ってことですね。
 
アクションゲームは、
けっこう目を動かして
いろいろ探したり狙ったりするから
目の筋肉の良い運動になっている
ような気はしてます。
 
 

やりすぎは禁物。

視力低下とゲームには、
明確な因果関係位はない

とはいっても、
やりすぎは禁物です。
 
やりすぎれば結局目に負担がかかって、
視力低下を招きます。
 
なので、
やりすぎは気をつけましょう。
 
ちなみに私が言うゲームのやりすぎは、
毎日5~6時間以上やるとか
ですかね。
 
たまの休みに10時間くらいやるのは、
個人的にはok
だと思います。
 
 
 

ゲームしたかどうかで成績は変わらない


ここからは、
ゲームしたかどうかで成績は変わらない
というお話をお伝えします。
 
別の記事でも書いていますが、
ここでも軽く触れておきます。
 
 

勉強もすれば関係ない

ゲームをどれだけやったとしても、
勉強は勉強でちゃんとすれば関係ありません。
 
よく勉強しないのを
ゲームのせいにする大人はいるけど、
問題はそこではありません。
 
ゲームするのが悪いんじゃなくて、
勉強をちゃんとする習慣が無いコトが問題です。
 
ゲームどうこう言う前に、
そっちの習慣を改善していくべきです。
 
 

バカはゲームしかしていないだけ

ゲームをするとバカになるという
ばかげた話
いまだに信じている人は多いですが…
 
ゲーム辞めさせたって
成績なんて1点もあがりません。
 
ストレスためるだけです。
 
ゲームするからバカになるんじゃなくて、
ゲームしかしないからバカなだけ
です。
 
勉強は勉強でちゃんとすれば
ゲームをがっつりやっても、
上位には入れます。
 
出来ないと思うのであれば、
それはやりかたが悪いだけ。
 
何が悪いのか?を見極めて、
改善
していきましょう。
 
 
 

視力低下しにくくする方法


ゲームしたから目が悪くなる
というわけではないけど、
ゲームやそれ以外のことで、
目に負担がかかると視力低下してしまいます。
 
なので、
目に負担をかけないようにする方法
お伝えしておきます。
 
これを活用しながらゲームすれば、
視力のことはほとんど気にせず、
遊べるようになる
かと思います。
 
 

視力低下しにくくする方法① 適度に休憩(遠くを見る)

視力低下しにくくする方法1つ目は、
適度に休憩(遠くを見る)
です。
 
視力低下を招くのは、
同じ距離を長時間見ること。
 
なので、
適度に休憩をはさみ、
そのときに遠くを見るようにしましょう。
 
遠くを見ることで、
目の筋肉を休ませることができます。
 
 

視力低下しにくくする方法② 暗いところでやらない

視力低下しにくくする方法2つ目は、
暗いところでやらない
です。
 
暗いところでものを見ようとすると、
必要以上に目に負担がかかります。
 
なので暗いところでゲームするのも
できるだけ避けていきましょう。
 
天井のライトで明るさが足りないときは、
デスクのライトを使うとか
いろいろやって、なるべく明るいところでやりましょう。
 
 

視力低下しにくくする方法③ 移動中にやらない

視力低下しにくくする方法3つ目は、
移動中にやらない
です。
 
電車や車の移動中にゲームをすると、
まわりの明るさがちょいちょい変化したり、
揺れに合わせピンと合わせなかったりと、
いろいろ目に負担がかかります。
 
なので通常よりも
目が疲れやすくなります。
 
というわけで、
移動中のゲームもなるべく避けるようにしましょう。
 
移動中でも揺れが少ない、
明るさの変化が少ない環境なら、
別にokかなって思います。
 
 

視力低下しにくくする方法④ 画面に目を近づけすぎない

視力低下しにくくする方法4つ目は、
画面に目を近づけすぎない
です。
 
スマホのゲームとか、
DSとかvitaとか、
スイッチとか…
 
持ち運べる系のゲームは、
画面が小さく、
近距離で見てしまいがちです。
 
あまり近い距離で見すぎてしまうと、
目が異常に乾燥してしまい、
非常に負担がかかります。
 
なので30cm以上は
離してみるように
しましょう。
 
 
 

最後に。


以上、
ゲームで視力は低下する?回復する?その真相について
でした。
 
ゲームが悪いわけではありません。
目の使い方が悪いだけです。
 
だからゲーム=悪
みたいな狂った思想は持たないでください。
 
ゲームをがっつりやりながら、
勉強もしっかりやって、
視力と成績どちらも落とさないようにしていきましょう♪
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください