受験生が夏休み前までにやるべき勉強とやらなくてもいい勉強を公開!

スポンサーリンク

こんにちは、
しょうりです。
 
コチラでは、
受験生が夏休み前までに
やるべき勉強とやらなくてもいい勉強

についてお伝えします。
 
受験生の夏休み前までの勉強はどうすべきか?
これを明確にすることで、
何も考えずにやみくもに勉強するよりも、
圧倒的に効率よく勉強できるようになります。
 
ぜひ取り入れてみてください。
 
 
 

受験生が夏休み前までにやるべき勉強


ここからは、
夏休み前までにやるべき勉強
についてお伝えしていきます。
 
夏休み前までに何をやるべきか?
そこの部分を明確にして、
より集中して、効率よく勉強に取り組んでいきましょう。
 
 

受験生が夏休み前までにやるべき勉強① 基礎の復習

受験生が夏休み前までにやるべき勉強1つ目は、
基礎の復習
です。
 
受験に向けて、
すべての基礎を一度復習しておきましょう。
 
けっこう忘れているところ
ある
と思います。
 
受験レベルの問題は、
今まで習ったすべてを組み合わせて登場するので
抜けている基礎があると困ります。
 
なのでまずは、
抜けが無いように基礎を復習していきましょう。
 
 

受験生が夏休み前までにやるべき勉強② 基礎を極める

受験生が夏休み前までにやるべき勉強2つ目は、
基礎を極める
です。
 
基礎の復習をしつつ、
基礎を極めるようにトレーニングしていきましょう。
 
ただ復習して思い出すだけでは、
テストで効率よく点を取れるようにはなりません。
 
テストで効率よく点を稼ぐためには、
基礎を徹底的に鍛えて、極めておく必要があります。
 
基礎の習熟度が高ければ高いほど、
テストの点数は安定しますしね。
 
夏休み前までにがっつり鍛えておけば、
それ以降の本格的な勉強でも、
ぐーーーんと成績を上げていくことができます。
 
 

受験生が夏休み前までにやるべき勉強③ 解くスピードを上げる

受験生が夏休み前までにやるべき勉強3つ目は、
解くスピードを上げる
です。
 
テストは時間との勝負です。
ちんたら書いていては間に合いません。
 
だから解くスピード
鍛えていきましょう。
 
解くスピードを鍛えるためには
六式勉強法の処理能力の鍛え方を参考にしてください。
 
勉強の効率を爆上げする処理能力の鍛え方
 
 

受験生が夏休み前までにやるべき勉強 まとめ

受験生が夏休み前前にやるべき勉強をまとめると、
とにかく基礎を極めること
です。
 
基礎が中途半端だと、
あとあとの成績の伸び悩みを引き起こします。
 
応用問題を解くにしても、
受験レベルを解くにしても、
基礎ができていないと話になりません。
 
だからとにかく基礎!
その意識で勉強に取り組みましょう。
 
 
 

受験生のための夏休み前までにやらなくてもいい勉強


ここからは、
受験生が夏休み前にやらなくてもいい勉強
についてお伝えします。
 
ここでお伝えすることは、
やってはいけないということはないけど、
あわててやる必要はない
という認識を
持っておいてください。
 
 

受験生が夏休み前にやらなくてもいい勉強① 難問

受験生が夏休み前にやらなくてもいい勉強1つ目は、
難問
です。
 
夏休み前までのメインはとにかく基礎
ということは、
難問に手を出す必要はない
ということです。
 
たまに1問くらいやってみるのは
全然okですが、
本格的に難問ばかり解くのは
必要ない
でしょう。
 
とにかく基礎です!
 
 

受験生が夏休み前にやらなくてもいい勉強② 過去問

受験生が夏休み前にやらなくてもいい勉強2つ目は、
過去問
です。
 
過去問は、
受験勉強がそこそこ進んでから
やっていくのでも十分間に合います。
 
それに解くためには、
幅広い知識をもっていないと、
しんどいと思うので、
基礎が固まっていないと難しいです。
 
だから過去問もあわてて
やる必要はありません。
 
夏休み前はとにかく基礎です!
 
 
 

夏休み前の勉強の目的を絞ることで得られる効果


ここからは、
夏休み前の勉強の目的を絞ることで得られる効果
についてお伝えします。
 
夏休み前までにやるべき勉強は、
基礎の徹底。
 
これに絞ることで、
どんな効果が得られるのか?
そこもしっかり理解しておきましょう。
 
知らないよりは、
知っていた方が勉強頑張れますから。
 
 

夏休み前の勉強の目的を絞ることで得られる効果① 集中力が高まる

夏休み前の勉強の目的を絞ることで得られる効果1つ目は、
集中力が高まる
です。
 
あれも、これも・・・
って目的が絞れていない状態だと、
注意散漫になって集中が乱れます。

 
目的をしぼってやることが明確になると、
集中して取り組めるようになります。
 
最大限効率よく勉強して、
知識を頭に叩き込んでいくために、
とても大切なことです。
 
効率悪い人は、
基本的にこれはできていません。
 
 

夏休み前の勉強の目的を絞ることで得られる効果② ストレスが減らせる

夏休み前の勉強の目的を絞ることで得られる効果2つ目は、
ストレスが減らせる
です。
 
受験まで日数があって、
やることがたくさんありすぎると、
全部できるのか・・・?
間に合うのか・・・?

不安になったりストレスを感じたりすると思います。
 
だけど目的を絞って、
今はこれをしっかりやれば大丈夫
って強く信じることで、
そういう不安を軽減できます。
 
まぁ基礎を徹底って言うと、
「基礎ばかりやっていて大丈夫なのか?」
って不安になるかもしれませんが、
大丈夫です。
 
基礎をしっかり極めておけば、
ちゃんと受験レベルも解けるようになります。
 
あとから受験レベルの問題に触れて
トレーニングしていけば、
すごい勢いで成績上げていけます。
 
それをしっかり理解して信じておけば、
早い段階からあわてて難しい問題をやらなくても
不安になることはありません。
 
 
 

最後に


以上、
受験生が夏休み前までに
やるべき勉強とやらなくてもいい勉強

でした。
 
勉強で一番大切なのは、
基礎
です。
 
受験で戦うには、
基礎が最も重要です。
 
基礎さえしっかりできていれば、
あとはいくらでも鍛えていけます。
 
逆に基礎がハンパだと、
どれだけ受験レベルの問題を解いても、
出来るようになりません。
 
「基礎を鍛えろ」という助言を無視した人は、
例外なく伸びずに残念な結果に終わっていきます。
 
あとでぐーんと伸びる
なんて言われても、
簡単に信じられないかもしれないけど
本当です。
 
ぜひだまされたと思って
やってみてください。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 受験生のための夏休みにおすすめ勉強法
⇒ 夏休みに英語の苦手を克服する勉強法
⇒ 受験で後悔しないために、今やっておくべき5つのこと
⇒ 高校生のための塾なし勉強法
⇒ スタディサプリ高校・大学受験講座を使ってみた感想、メリット、足りないところなどいろいろ暴露

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください