強制的に記憶力を鍛える本質的な方法

スポンサーリンク

こんにちは、
しょうりです。
 
コチラでは、
強制的に記憶力を鍛える本質的な方法
についてお伝えします。
 
記憶力を鍛えると、
勉強に関して以外にも、
いいこといっぱいなので、
ぜひ鍛えていきましょう。
 
 
 

記憶力を鍛えるメリットとデメリット


まずは、
記憶力を鍛えるメリットとデメリット
をお伝えしていきます。
 
どんなメリットがあって、
どんなデメリットがあるのか?
 
それを理解したうえで、
勉強に取り組めば、
集中力高まること間違いなしです。
 
 

記憶力を鍛えるメリット

記憶力を鍛えるメリットは、
 
・すぐ覚えられる
・忘れなくなる

 
この2つです。
 
すぐ覚えられるようになれば、
勉強にかける時間を少なくしても、
しっかりテストでいい点とれます。

 
忘れなくなれば、
何回も復習しなくてもいいので、
復習に充てる時間を減らして、
別の勉強に時間を使える
ようになります。
 
ざっくりまとめると、
勉強の効率が爆上げできる
という感じです。
 
勉強以外でも、
いろいろと覚えてしまったほうが
スムーズなことってあると思います。
 
そういうのを記憶できるので、
いちいち調べる時間を削減できます。
 
勉強でも日常生活でも、
効率が高まる
ってことです。
 
 

記憶力を鍛えるデメリット

勉強に関して、
デメリットは特にありません。
 
日常生活では、
忘れたいこともなかなか忘れられなかったり、
ちょっとしたことも細かく記憶できるように
なってしまう。
 
というのが強いて言うなら
デメリット
かなって思います。
 
まぁぶっちゃけべつに、
いっぱい覚えてしまったからって
困るほどのこともないので、
あまり気にしなくても大丈夫です。
 
 
 

記憶力を鍛えるために必要な意識


ここからは、
記憶力を鍛えるために必要な意識
についてお伝えします。
 
ここをわかっていないと、
覚えようと思っても覚えるのに時間がかかって、
非効率になってしまいます。
 
しっかり理解して、
活用していってください。
 
 

記憶力を鍛えるために必要な意識① 睡眠は超重要

必要な意識1つ目は、
睡眠は超重要
です。
 
その日に頭に叩き込んだ記憶は、
寝ている間に脳に定着していきます。
 
なので、
寝ないと定着しない
ってことです。
 
だから必死に勉強するとしても、
睡眠は必ずとるようにしてください。
 
ちなみに
睡眠時間は6時間を切ると
徹夜と同じくらい脳が休まらないそうなので、
必ず6時間以上寝るようにしてください。
 
 

記憶力を鍛えるために必要な意識② インプットだけでなくアウトプットも

必要な意識2つ目は、
インプットだけでなくアウトプットも
です。
 
記憶力を鍛えるには、
情報を頭にインプットするばかりではなく、
書いてみたり、人に伝えたりして、
アウトプットすることも
非常に重要
です。
 
あまたに知識を叩き込んだあとは、
誰かに説明したり、
なにも見ずに問題を解いてみたり

というのをやっていきましょう。
 
アウトプットをがっつり使うことで、
インプットだけに比べると、
圧倒的に効率が高まります。
 
 

記憶力を鍛えるために必要な意識③ 記憶力に年齢は関係ない

必要な意識3つ目は、
年齢は関係ない
です。
 
中高生には関係ない話ですが、
社会人が勉強するときは
この意識をしっかり持っておきましょう。
 
記憶に年齢は関係ないです。
 
「何歳だから覚えるのが大変」
なんていいわけは通用しません。
 
脳をちゃんと使えば、
年齢に関係なく覚えられるようになります。
 
この意識をしっかり持っておきましょう。
 
やれば絶対に鍛えられるし
覚えられます。

 
 
 

記憶力を鍛える方法


ここからは、
記憶力を鍛える方法
お伝えしていきます。
 
ココでお伝えすることを
日々実践していけば、
強制的に記憶力は鍛えられていくので、
ぜひ試してみてください。
 

記憶力を鍛える方法① 六式勉強法

記憶力を鍛える手っ取り早い方法は、
六式勉強法の暗記力を鍛えること
です。
 
暗記力は、
効率よく覚えるスキルと、
忘れないスキル
を鍛えていきます。
 
その結果、記憶力が良くなります。
 
暗記の効率を爆上げする暗記力の鍛え方
 
 

記憶力を鍛える方法② 運動

記憶力を鍛える方法2つ目は、
運動
です。
 
定期的な運動によって記憶力が向上することが、
脳の研究で証明されています。
 
なので、
定期的に運動するようにしましょう。
 
受験シーズンは、
とくに運動不足になりがちだけど、
あえて少し運動するようにするだけで、
記憶力が高まります。
 
 

記憶力を鍛える方法③ メモリーツリー

記憶力を鍛える方法3つ目は、
メモリーツリー
です。
 
大量の用語を覚えるのには、
メモリーツリーが有効です。
 
メモリーツリーを使うことで、
脳を左右フルに使って、
記憶
することができます。
 
その結果、
とてつもない量の知識を
広く確実に記憶することができる
ようになります。
 
メモリーツリーの作り方については、
コチラを参考にしてください。
ドラゴン桜勉強法⑩ メモリーツリーはこうして完成させる!編
 
 

記憶力を鍛える方法④ 手を動かす

記憶力を鍛える方法4つ目は、
手を動かす
です。
 
手を動かすことで、
脳が活性化して記憶力を高めることもできます。
 
なので、
なにかを覚えるときは、
基本的に書くようにするとGOODです。
 
ながめるだけ、
読むだけでも覚えられないことはないけど、
書く方が圧倒的に効率は高まります。
 
 

記憶力を鍛える方法⑤ 脳トレ

記憶力を鍛える方法5つ目は、
脳トレ
です。
 
脳トレも記憶力を鍛えるのに効果的です。
 
脳トレで脳を使うことで、
脳みそが活性化して、
記憶効率が高まります。
 
一見記憶と関係ないように
感じるかもしれませんが、
脳を使う
というのが非常に重要です。
 
脳トレで脳を鍛えておけば、
覚えるのもはやくなるし、
思い出すのもはやくなります。
 
 
 

最後に。


以上、
強制的に記憶力を鍛える本質的な方法
でした。
 
記憶力は鍛えておいて困ることはありません。
 
記憶力が高いと、
勉強では圧倒的に有利だし、
日常生活でもいろいろと便利です。
 
なのでぜひ、
いろいろな方法を駆使して、
ガンガン鍛えていきましょう。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください