どうして今、勉強しておくべきなのか?

スポンサーリンク

こんにちは、
しょうりです。
 
チラでは、
たとえ今、目標がなくても・・・
今、勉強しておくべき理由
をお伝えします。
 
これさえ理解していれば、
たとえ今、目標、将来の夢、やりたいことが
まっっっったくなくても、
モチベーションを引き出して、
勉強をちゃんとやる
ようになれます。
 
明確な目標がある人に比べると、
パワーはちょっとだけ落ちますが、
何も意識せず漠然と勉強するよりは、はるかに効果があるので、
ぜひ心に刻み、実行してください。
 
 
 

大人たちが後悔しているコト


大人たちに話を聞くと、
「学生時代にもっと勉強しておけばよかった」
って声をたくさん聴きます。
 
やりたいこともないからといって、
テキトーにしかやらなかったことを後悔してます。
 
人間という生物は、
やらなかったことを後悔する生物です。
 
だから、
やれるときにやっておかないとあとで
絶対後悔します。
 
でも後悔したって遅いんです。
時は決して戻すことはできません。(今の科学のチカラでは。)
 
だから、
後悔する前に勉強しておくべきです。
 
 
 

勉強しておくべきときとは?


勉強しておくべき時に勉強しておかないと後悔する
とはいっても、
勉強すべき時とはいつなのか?
って思うかもしれないので、
それについてもお伝えしておきます。
 
勉強すべき時は、
小学校、中学校、高校、大学
この期間全て
です。
 
社会人になる前の期間が、
勉強しておくべき時です。
 
 
 

大人になってからでは遅い?


勉強すべきこときにしていなくて、
社会人になってから、
大人になってから勉強しようと思うのは遅いのか?

というとそんなことはありません。
 
だけど、
社会人になる前にやっておかないと
いろいろ大変です。
 
そのあたりもお伝えしておこうと思います。
 
 

大人になると時間がない!

大人になると基本的に、
仕事していますよね。
 
朝から会社に行って、
夜まで働いて・・・
 
ブラック企業だと、
めっちゃ残業させられるので、
自由に使える時間がほとんどないかもしれません。
 
そうなると、
勉強しようと思ってもできませんよね。
 
「学生時代って本当に時間いっぱいあったなぁ」
って思います。
 
 

大人になると体力がない!

大人になってから勉強しようと思うと、
仕事で疲れ果てて帰ってきてから、
勉強しなければなりません。
 
すっごく楽な仕事をしているなら、
関係ないけど、
基本的には疲れていると思います。
 
その疲れた状態で勉強するのは、
しんどいです。
 
というわけで、
勉強すべき時にやっておいたほうが、
圧倒的にお得
ですよって話です。
 
 
 

目標がなくても勉強するために意識すべきこと


ここからは、
目標がなくても勉強する方法
についてお伝えします。
 
やるべき時に勉強しておけ
と言われても、
目標がないとなかなかやる気が出ないかもしれません。
 
そんな場合に
意識してみてください。
 
勉強のやる気が少し湧いてくるかもしれません。
 
 

目標がなくても勉強するために意識すべきこと① 目標が突然見つかるかもしれない

意識すべきこと1つ目は、
目標が突然見つかるかもしれない
です。
 
もし今
「やりたいこと」も
「目標」もなかったとしても・・・
 
いつか、
ある日突然、
見つかるかも
しれませんよね。
 
ふとした時に、
「コレだー!!」ってモノに、
出会えるかもしれません。
 
それは、
数分後かもしれないし、
明日かもしれないし、
来月かもしれないし、
数年後かもしれない。
 
誰にもわかりません。
 
でも探していれば、
きっといつか見つかります。
やりたいことに出会えるときは訪れます。
 
だから、
それが見つかったときに、
その道にすんなり進めるように、
そのときのために、ちゃんと勉強しておく。
 
そう考えて、日々の勉強に取り組みましょう。
 
 

目標がなくても勉強するために意識すべきこと② ゼロからやるのは超大変

意識すべきこと2つ目は、
ゼロからやるのは超大変
です。
 
今やりたいこともなにもないのに、
勉強なんかやる必要ないじゃねーか。
なんていって勉強しない人もいました。
 
だからといって、
勉強しなくて残念な学力だったら、
目標が見つかったときに、
進みたい道に進めないかもしれません
 
進みたい道が、
ある程度学力が必要な道だった場合、
勉強してない人は、
すんなりその道を選ぶことはできません。
 
しっかり勉強して、
必要なレベルに到達する必要があります。
 
しかし、
あわてて勉強始めても、
あとから数ヶ月とか数年分の勉強を0から勉強するのは、
とてつもなく大変です。
 
とてつもなく大変だから、
結局心が折れて諦める可能性も高いです。
 
それなら、
やるべき時にやるべきことをしっかりやっておき、
ある程度の学力を身につけておいて、
進みたい道が見つかったときに、
その道をサクッと選べるようにしておく

 
これがベストです。
 
 

目標がなくても勉強するために意識すべきこと③ やりたいことが思ったのと違ってもOK!

意識すべきこと3つ目は、
やりたいことが思ったのと違ってもOK!
です。
 
本当にやりたいことがはっきりしないまま勉強して、
なにかしらの専門の道に進んでいたとします。
 
だけどあとから、
本当にやりたいことがみつかって、
今まで学んできた知識とは
別の分野だった!
なんてこともあります。
 
だけどこれは心配ありません
 
ある程度しっかり勉強してきた人なら、
勉強のノウハウがしっかり自分のなかに
確立されている
はずです。
 
それを新しいことの勉強に活かせば、
なんの知識もスキルもない人に比べると
圧倒的に効率よく学べます。
 
目標に到達するのも早いでしょう。
 
 
 

最後に


というわけで、
「やりたいこと」が見つかったときに、
その道が閉ざされることのないように、
今、勉強しておく。
 
あとから勉強するのもすごく大変だし。
 
そう考えて、自分自身を行動させましょう。
 
勉強してなくて、
選択肢が少なくて、
好きな道にも進めず、
ガマンばかりの、
退屈でしんどい日々を送る未来を想像してみて
ください。
 
そんな未来イヤじゃないですか?
 
今やっておけば、
そんな未来は回避できます
 
あのときやっておけばよかったって
後悔せずに済みます。
 
人間は、
やらなかったことを後悔する生物です。
今勉強をやっておけば、
将来、「やらなければよかった」とは思いません。
絶対に。
 
今すぐこの意識を心に刻んで日々学んでいきましょう。
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 『二重目標の立て方』ストレスなく続けられる最強の勉強法
⇒ 絶対にやってはいけない勉強法。効率を致命的に低下させてしまいます。
⇒ 1分でできる最強の肩こり、首コリ解消ストレッチ!勉強による肩こりを劇的に解消!
⇒ 計算が遅い人が劇的に速くなるためにやるべき7個の方法
⇒ 最強の勉強ツール『スタディサプリ』を使ってみた感想、メリット、足りないところなどいろいろ暴露

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください