大学に行く意味がある人とない人。大学に行く意味が分からない人は覗いてみて。

スポンサーリンク

こんにちは、
しょうりです。
 
コチラでは、
大学に行く意味がある人とない人
についてお伝えします。
 
大学に行く意味がわからない人は
一度読んでみてください。
 
 
 

大学に行く意味はあるのか


個人的には大学に行く意味はあった
と思っています。
 
わたしの場合は大学院まで行っているので、
修士までいって専門の分野をしっかり勉強できたので
大学に行った意味はあったと思います。
 
今はぶっちゃけ関係ない分野で
活動していますが…
 
1つの分野についてがっつり研究した
っていう経験はほかの分野に行っても
生きている
なぁと感じます。
 
なのでわたし個人としては、
大学に行く意味はあると思っています。
 
だけど、
大学行く意味ある人もいれば、
大学行く意味ない人もいる
ので
そこんところをきっちりチェックしてみてください。
 
行く意味ない人が大学行っても、
時間とお金がムダになるだけですからね。
 
 
 

大学に行くメリット


ここからは大学に行くメリット
お伝えしておこうかと思います。
 
大学に行く意味云々の前に、
こんなメリットがあるってことを
知っておいてください。
 
 

大学に行くメリット① 年収が上がる

大学に行くメリット1つ目は、
年収が上がる
です。
 
高卒以下と比べると、
単純に大卒の方が、給料は多いです。
 
あと会社の階級の、
最終到達地点が高卒より上の可能性が高いです。
 
なのでトータルで
大卒の方がお金は多くもらえるかなって感じです。
 
 

大学に行くメリット② 将来の選択肢の幅が広がる

大学に行くメリット2つ目は、
将来の選択肢の幅が広がる
です。
 
大卒ついているほうが、
単純に選択肢の幅が広いです。
 
募集人員の必要学歴が
大卒以上
っていうのが今は非常に多いです。
 
高卒以下になると、
選べる仕事の種類は一気に減ります。
 
仕事がないわけじゃないけど、
選べる種類がかなり減ります。
 
 

大学に行くメリットについての注意点

ここでお伝えした
大学に行くメリットのお話は、
1つの会社にしがみついて生きた場合の話です。
 
途中でやめて、転職したり、
自分でビジネス始めて稼ぎ始めたら、
こんなの関係なくなります。
 
特に自分でビジネスやる場合は、
学歴は全く関係ないので
この限りではありません。
 
あくまでも一般的な会社に
就職した場合にもらえるお金が
増える
って認識でいてください。
 
 
 

大学に行く意味がある人


ここからは、
大学に行く意味がある人
についてお伝えします。
 
ここでお伝えするイメージがある場合は、
大学に行く意味はあるかなって思います。
 
 

大学に行く意味がある人① 未来のビジョンが明確

大学に行く意味がある人1つ目は、
未来のビジョンが明確な人
です。
 
将来どういう道に進みたいとか、
なにを仕事にしたいとか、
どういう研究がしたいとか…
 
そういうのが明確な場合は、
大学に行く意味はあると思います。
 
 

大学に行く意味がある人② 学びたいことがある

大学に行く意味がある人2つ目は、
学びたいことがある人
です。
 
なにか学びたいことがあるから
その大学に行って勉強したいという場合。
 
将来のビジョンがそこまで明確じゃなくても、
学びたいことがある場合は
大学に行く意味はあると思います。
 
そこで学んでいるうちに
やりたいことが見えてくる可能性も
あります
しね。
 
 
 

大学に行く意味がない人


ここからは、
大学に行く意味がない人
についてお伝えします。
 
 

大学に行く意味がない人① なんとなく大学進学

大学に行く意味がない人1つ目は、
なんとなく大学進学する人
です。
 
将来のビジョン、
学びたいこともないのに、
みんないくからなんとなく進学
 
これは行く意味ありませんね。
 
行っても勉強に身が入らないし、
お金と時間を無駄にしてしまう可能性が高いです。
 
 

大学に行く意味がない人② まだ働きたくないから進学

大学に行く意味がない人2つ目は、
まだ働きたくないから進学する人
です。
 
たまにこういう理由で
大学行く人もいるみたいですね。
 
一番大学行く意味ないですね。
 
いったって何も得られません。
お金と時間のムダです。
 
入学金、学費、生活費などなど
自分ですべてのお金を賄えるのなら、
好きにすればいいけど、
親にお金を出してもらうのであれば、
こういう理由で大学に行くのはやめましょう。

 
 
 

大学に行く意味がわからない人へ


ここからは、
大学に行く意味が分からない人に
知っておいてほしいこと
をお伝えしていきます。
 
 

学びたいことがあるなら行ってみればいい

何か興味のある分野や学んでみたいこと
っていうのがあるのであれば、
とりあえず大学行ってみたらいいと思います。
 
大学に行って興味ある分野を
より深く学ぶことで新しい世界が見えるかもしれないし、
全く別の世界に興味を持ち始めるかもしれません。
 
いずれにせよ、
マイナスにはならないので、
ちょっとでも興味ある世界があるなら、
その分野の大学を目指してみてください。
 
 

大学に行くのが唯一の選択肢ではない

大学に行くのが唯一の選択肢ではない
ということも知っておいてください。
 
大学に行くメリットはあります。
 
でも行く意味ない人が行っても、
人生の貴重な時間とお金を無駄にするだけです。
 
だからそういう人は、
大学ムリにいかなくてもいいんですよ。
 
大学に行くことが
人生の唯一の選択肢ではありませんからね。
 
高卒で働くのも、
専門学校に行くのも、
起業を目指すのもなんでもあります。
 
大学に行く
というのはたくさんある選択肢のうちの1つ
でしかないことを理解しておいてください。
 
選択肢の1つとして、
どれを選ぶか自分でしっかり考えて
選択すればokです。
 
 
 

最後に


以上、
大学に行く意味がある人とない人
についてでした。
 
ちゃんと目的があれば、
大学行く意味はあります。
 
興味あるなら行ってみればいいと思います。
興味ないならムリにいかなくていいと思います。
 
なんとなくって意識なら、
辞めておいた方がいいと思います。
 
そんな感じです。
進路選択の参考にしてください。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください