高校から大学までで子供のために必要な学費はどれくらい?進路別でまとめてみた。

スポンサーリンク

こんにちは、
しょうりです。
 
コチラでは、
高校から大学までで子供のために必要な学費はどれくらい?
というのをまとめてみました。
 
高校から大学で
どれくらいの学費が必要なのか、
事前に知って対策を講じておけば、
覚悟も決まるし、
急にお金がない!って焦るのも防げます。
 
ぜひ知っておいてください。
 
※値は全国平均を参考にしています。
 
 
 

高校の学費


ここからは、
高校の学費についてお伝えします。
 
公立と私立で、
だいたいこれくらいかかるっぽい
っていう金額を書いておきます。
 
 

公立高校

・授業料:0円
・入学金:0円

 
その他必要経費で、
37万円くらいかかります。
 
3年間で、
117万円くらいかかります。
 

私立高校

・授業料:40万円くらい
・入学金:16万円くらい
 
その他必要経費合わせて
73万円くらい
かかります。
 
3年間で、
320万円くらいかかります。
 
 
 

大学の学費


ここからは、
大学の学費をお伝えします。
 
学部によって細かく違いは出ますが、
だいたいの目安だと思って
参考にしてください。
 
 

国立大学の学費

入学料:28万円くらい
授業料:54万円くらい
 
4年間で243万円くらいかかります。
 

理系私立大学の学費

入学料:26万円くらい
授業料:105万円くらい
その他必要経費合わせて
150万円くらい
 
4年間で520万円くらいかかります。
 

文系私立大学の学費

入学料:24万円くらい
授業料:75万円くらい
その他必要経費合わせて
114万円くらい
 
4年間で390万円くらいかかります。
 
 
 

進路別の学費を計算してみた


ここからは、
進路別の学費をお伝えします。
 
トータルでだいたいこれくらいかかる
っていう参考にしてください。
 
 

公立高校⇒文系私立大学

公立高校から私立文系大学に進んだ場合は、
トータルで500万くらいかかります。
 

公立高校⇒理系私立大学

公立高校から理系私立大学に進んだ場合は、
トータルで660万くらいかかります。
 

公立高校⇒国立大学

公立高校から国立大学へ進んだ場合は、
トータルで350万くらいかかります。
 

私立高校⇒文系私立大学

私立高校から文系私立大学に進んだ場合は、
トータルで700万くらいかかります。
 

私立高校⇒理系私立大学

私立高校から理系私立大学に進んだ場合は、
トータルで860万くらいかかります。
 

私立高校⇒国立大学

私立高校から国立大学に進んだ場合は、
トータルで560万くらいかかります。
 
 
 

おまけ『国立高専ルート』

おまけで国立高専ルートも紹介しておきます。
 
高専:73万(5年)
専攻科:46万(2年)

 

国立高専⇒専攻科

高専に進学して、
そのまま高専の専攻科に進んだ場合、
トータルでかかる学費は120万円ほどですね。
 
高校から4年制大学に進むのに比べると
かなりお得な感じですね。
 
 

高専⇒国立大学編入

高専を5年で卒業して、
そのあと国立大学の3年に編入した場合、
トータルでかかる学費は、
200万円弱ですね。
 
まぁこのルートだと、
修士までいく可能性も高いので、
その場合は、
トータルの学費はもう少し多くかかります。
 
それにしても、
他のルートに比べると、
学費はかなりお得
な印象です。
 
 
 

どのルートを選ぶべき?


ここからは、
どのルートを選ぶべきなのか?
についてお伝えします。
 
 

中学の段階で覚悟決まるなら高専

中学の段階で、
理系の道に進む覚悟が決まるなら、
高専を選ぶのがベストです。
 
自分は理系だ!って胸張って言えるなら、
高専を選んで後悔はしない
と思います。
 
受けられる教育の質も、
高校に比べると非常に高いので、
おすすめです。
 
教師ではなく、
各分野の博士の授業を受けることができますからね。
 
もし子供がゴリゴリの理系だったら、
ぜひおすすめしてあげてください。
 
 

やりたいことができる道を

中学の時点で決まらないのであれば、
大学でなにかしら道を選ぶことになりますが、
基本的にはやりたいことができる道
選ばせてあげましょう。
 
やりたいことができるのが、
私立にしかないってことも
あると思います。
 
なのに私立は高いからって、
興味のない国立の学部を受けさせる
っていうのはやめたほうがいい
です。
 
絶対に後悔しますから。
100%後悔します。
 
どうしてもお金がしんどいのであれば、
成績優秀者は学費を免除してくれるシステムのある大学
探してみてください。
 
そんでその大学で、
免除してもらえる成績をとって、
学費免除してもらいましょう。
 
もちろん簡単なことではありません。
 
でも本当にやりたいことを学ぶためなら、
それくらいの努力はできるはずです。
 
子供にその覚悟を持たせてください。
 
 

国立のほうがいいっちゃいい

やりたいことができる道を!とはいっても、
金額的なことを考えるとやっぱり、
国立の方がいいっちゃいいです。
 
同じ学部、似たようなことが学べる
そういう状況であれば、
わざわざ私立ではなく、
国立を選んでおく方が、
金銭的にはお得なのでいいのかなって
思います。
 
奨学金返済地獄に陥って、
破産とかするはめになっても、
悲しいですからね。
 
進みたい道が国立にあるなら、
国立で良いと思います。
 
でもまぁ絶対じゃないので、
あくまでも参考程度にしてください。
 
 
 

最後に。


以上、
高校から大学までで子供のために必要な学費はどれくらい?進路別でまとめてみた
でした。
 
いろいろなルートがあって、
ルートごとにかかるお金は全然変わってきます。
 
事前に情報を仕入れておいて、
子供といろいろ相談して、
ベストな道を探って
ください。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください