将来youtuberになりたいなら知っておくべき11のこと

スポンサーリンク

こんにちは、
しょうりです。
 
コチラでは、
将来youtuberになりたいなら知っておくべき11のこと
についてお伝えします。
 
Youtuberを目指そう!
って話ではありません。
 
将来の夢、やりたいこと
それらを見つける参考の1つになれば
って思って書いてます。
 
よかったら読んでみてください。
 
 
 

Youtuberとは?


Youtuberとは、どんな人、仕事か?
ですが…
 
Youtuberとは、
主にYouTube上で独自に制作した動画を
継続的に公開する人物や集団のこと

です。
 
youtubeに動画を上げて、
それによってお金を稼いでいる人たち

ですね。
 
HIKAKINとか、はじめしゃちょーとかが
有名なのかなと思います。
 
 
 

将来Youtubeになりたいなら知っておくべきこと


ここからは
将来Youtuberになりたいなら知っておくべきこと
についてお伝えします。
 
ただなんとなくぼんやり目指すよりも、
ちゃんと知ってから目指すかどうか決めたほうが
効率的
だと思うのでぜひ知っておいてください。
 
 

知っておくべきこと① Youtubeの稼ぎの仕組み

Youtuberがどうやってyoutubeで金を稼いでいるのか?
というと…
 
広告収入
というので稼いでいます。
 
動画を再生すると、
いろんなCM、広告表示されることありますよね?
 
それがクリックされたら収益ゲットです。
広告のクリック数に応じて
お金をもらっている

というわけです。
 
稼ぎの仕組みの基本的な部分は
こんな感じです。
 
 

知っておくべきこと② Youtubeはどれくらい稼げるのか?

Youtubeで動画を上げて、
再生されることで、
どれくらいお金が稼げるのか?
というと…
 
今は、
1再生あたり0.02円くらい
とか言われています。
 
100万再生で2万円くらい稼げる
という感じですね。
 
昔は1再生0.1円とかあったみたいですが、
今はいろいろあって下がってるみたいです。
 
なのでYoutuberとして生活しよう
って思うのであれば、
毎月1000万再生以上されるチャンネルを
作っていかないといけない

ということになります。
 
動画やチャンネルが爆発的に人気が出て
とんでもない再生回数をたたき出せたら、
ものすごい金額稼ぐことも夢ではありません。
 
どれくらい稼げるのか?
についての結論は…
 
再生数次第なので、
自分次第
です。
 
 

知っておくべきこと③ Youtuberに必要な機材

Youtuberとして、
動画をアップしていくためには、
プロ向けの本格的な道具が必要か?というと…
 
そんなことはありません。
 
スマホで動画が撮影できれば、
十分取り組めます。

 
あとは手ブレ対策グッズとか、
音拾いやすくすくするためのマイクとか
せいぜいそれくらいかと思います。
 
より本格的な機材でやりたいなら、
稼いでからそろえていけばいいと思います。
 
 

知っておくべきこと④ Youtuberに必要なスキル

Youtuberに特に必要なスキルは、
動画編集スキル、リサーチスキル
あたりですかね。
 
Youtuberの動画を見ると
字幕入れたり、BGM入れたりと
いろいろいじっているのがわかります。
 
なので、
やはりそれらができるスキルは必要なのかなって
印象です。
 
でもまぁ編集ソフトは、
勉強しながら使っていくうちに慣れていくから、
どこか学校とかで本格的に勉強しなければならない!
とかはありませんよ。
 
あとは、
どんな動画を作れば伸びるのか?
人気になれるのか?

というのをリサーチするスキルも必要です。
 
話題のものとか、
みんなが興味持ちそうなこととか…
 
いろいろとネタをリサーチできないと、
効率良く稼ぐことはできないと思います。
 
 

知っておくべきこと⑤ Youtuberに将来性はあるのか?

最近、
Youtubeではもう稼げないとか、
終わったとか言われている
気がします。
 
だけど、
そんなことはないんじゃないかなって
思っています。
 
稼げなくなるのは、
違法な動画とか、
質の低い動画ばっかり上げていた人

です。
 
まっとうに取り組んでいる人は、
この先も稼ぎ続けることができると思います。
 
 
 

Youtuberになるメリット


ここからは、
Youtuberになるメリット
をお伝えします。
 
Youtuberとしてうまくいけば、
こんな感じになれる
というイメージ
として知っておいてください。
 
 

Youtuberになるメリット① チャンネルが育てばラクに稼げる

Youtuberになるメリット1つ目は、
チャンネルが育てばラクに稼げる
です。
 
youtubeのチャンネルが、
人気になって再生数がガンガン伸びていって、
毎月ある程度安定した再生数が得られるようになると…
 
ほとんどなにもしなくても
お金が入ってくる
ようになります。
 
もちろん、
うまくいったら…の話ですけどね。
 
 

Youtuberになるメリット② 好きなことでお金を稼げるかも

Youtuberになるメリット2つ目は、
好きなことでお金を稼げるかも
です。
 
youtubeに自分の好きなこと関係の動画を上げて、
それで再生数が稼げたら最高です♪
 
自分の好きなことを、
仕事にして、それでお金を稼げるように
なります。
 
必ず好きなことで稼げるとはいえないので、
あくまでも稼げるかもですが、
好きなことで稼ぎたい人はやってみる価値あるかと思います。
 
 

Youtuberになるメリット③ 時間に縛られない

Youtuberになるメリット3つ目は、
時間に縛られない
です。
 
Youtuberはサラリーマンみたいに、
毎日何時から何時までは会社に行かなければいけない
みたいのはありません。
 
態度とお腹だけがでかい無能上司もいません。
サービス残業もくだらない飲み会もありません。
 
基本自由です。
 
 
 

Youtuberになるデメリット


ここからは、
Youtuberになるデメリット
についてお伝えします。
 
そんなに大したことではありませんが、
一応知っておいた方がいいと思います。
 
本気でやりたいなら、
覚悟しておくべきことばかりです。
 
 

Youtuberになるデメリット① 作業量はけっこう必要

Youtuberは楽そうとか稼ぎやすそうとか
そんなイメージがついている気がします。
 
だけど現実は、
そんなに甘くありません。

 
再生数を稼ぐためには、
やはりある程度の動画数は必要なので、
日々作業を継続することが大切です。
 
なので簡単そうなイメージがあるかもしれませんが、
作業は結構しっかりやらないと稼げません。
 
ある程度軌道に乗ったら、
そこまで必死にやらなくてもよくなるかもしれないけど、
軌道に乗るまでは作業頑張らないとダメです。
 
 

Youtuberになるデメリット② 人気出ないと稼げない

Youtuberになるデメリット2つ目は、
人気出ないと稼げない
です。
 
トップクラスのYoutuberみたいな
とんでもない再生数はいけなくても、
やはりそれだけで稼いで生活しようと思うと、
ある程度の動画再生数が必要です。
 
そうなると、
チャンネルがそこそこ人気にならないと、
稼げません。

 
動画を上げても、上げても、
全然人気が出ないこともある
って覚悟を決めておきましょう。
 
 

Youtuberになるデメリット③ アカウント凍結リスク

Youtuberになるデメリット3つ目は、
アカウント凍結リスク
です。
 
違法なことや評判の悪くなる動画をアップせず、
まっとうに取り組む分にはほとんど関係ありませんが、
凍結のリスクもある
ということは認識しておきましょう。
 
しょせん無料で取り組めるものなので、
消される時は一瞬です。
 
運営側にアウトって判断されたら、
消されちゃいます。
 
そうならないように、
情報収集は欠かさずやって、
まかつっとうに取り組みましょう。
 
 
 

簡単に稼げると思っているなら、やめておいた方がいい


Youtuberは決して簡単に稼げる仕事ではありません。
まぁどんな仕事にも言えることですけどね。
 
莫大なお金を稼いでいるのは、
一部の人気の人たちだけです。
 
1円も稼げていない人、
月に数千円行けばいいところな人が
やまほどいるのが現実
だと思います。
 
生活できるだけのお金を稼ぐのも
なかなか大変じゃないかと思います。
 
サラリーマンしなくていいから、
夢はありますけどね。
 
けど、
ぬるい覚悟では、
安定して稼げるようにはなりません。

 
なので、
決して簡単に稼げる世界ではない
ということを理解したうえで
Youtuber目指すなら全く問題なしです。
 
ただ楽そうとか、
簡単そうとか言う理由で手を出すのは、
やめておいた方がいいと思います。
 
 
 

最後に。


以上、
将来youtuberになりたいなら知っておくべき11のこと
でした。
 
将来、Youtuberになる
世の中の何も知らない大人たちは
すぐに否定するかもしれないけど、
わたしは選択肢の1つとして持っておいて
全然OKだと思います。
 
でも目指すなら、
メリットとデメリット、リスクを
しっかり理解したうえで、
覚悟決めて
目指しましょう。
 
中途半端な覚悟では稼げませんからね。
 
というわけで、
将来の進路選びの参考になればと思います。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください