子供への勉強の教え方。わかりやすく教えるコツとやってはいけない教え方

スポンサーリンク

こんにちは、
しょうりです。
 
こちらでは、
子供にわかりやすく勉強を教えるコツと
やってはいけない教え方
をお伝えします。
 
ここでお伝えするコツを使えば、
子供にわかりやすく勉強を
教えてあげられるようになります。

 
ちなみに、
やってはいけない教え方は
常に意識してください。
 
やりがちなうえにやってしまうと、
子供が親と勉強を嫌いになります。
 
 
 

Contents

子供への勉強の教え方のコツ


ここからは、
子供への勉強の教え方のコツ
をお伝えします。
 
全部で8個あります。
 
すべて使うことで、
子供はちゃんと理解できて、
将来的には自分でちゃんと勉強するようになります。
 
ぜひ使ってみてください。
 
 

子供への勉強の教え方のコツ① 解きかた見せて、真似させる

子供への勉強の教え方のコツ1つ目は、
解き方見せて、真似させる
です。
 
子供はいきなり自力で
問題を解くことはできません。
 
なのでまずは、
やり方を目の前で見せてあげて
同じ問題をマネして解かせてください。

 
それでまずは、
解き方、解く流れ、
考え方を身につけさせてください。
 
 

子供への勉強の教え方のコツ② 基礎はしつこく練習させる

子供への勉強の教え方のコツ2つ目は、
基礎はしつこく練習させる
です。
 
小学校で習う内容も
中学で習う内容も、
基礎は超大事です。
 
そのため、
学校の勉強だけでなく、
家でも基礎の練習をしつこくやらせてください。
 
誰かが言わないと
すぐおろそかにしてしまうので。
 
 

子供への勉強の教え方のコツ③ ミスしても怒らない

子供への勉強の教え方のコツ3つ目は、
ミスしても怒らない
です。
 
勉強を教えるときに、
ミスすることもあると思います。
 
それを怒るのは
絶対にダメです。
 
ミスを怒ると、
子供はミスを過剰に恐れて、
なにごとにも挑戦することができない、
消極的な人間に育って
しまいます。
 
 

子供への勉強の教え方のコツ④ ミスしたのは解き直しさせる

子供への勉強の教え方のコツ4つ目は、
ミスしたのは解き直しさせる
です。
 
ミスした問題は、
必ず解き直しさせてください。
 
ただ答え合わせして、
間違えた問題は答え写して終わり
 
これでは、
馬鹿になります。
 
なにも身につきません。
 
必ず、
何をミスしたのか?
 
それを明確にして、
正しい答えを理解させてください。
 
ヒントを出すとか、
ミスを指摘して直させるとか、
ちゃんと正解にたどり着けるように
導いてあげて
ください。
 
 

子供への勉強の教え方のコツ⑤ 無意味なところは省く

子供への勉強の教え方のコツ5つ目は、
無意味なところは省く
です。
 
例えば、
小学校の勉強で、
暗算を習うことがあります。
 
でもこれは、
無駄以外の何物でもありません。
 
なので、
そういうところは、
とりあえず学校で授業は受けさせておいて、
家ではどうでもいいよって
ちゃんと教えてあげてください。
 
小学校で習う暗算は、
出来なくても一生困りませんから。
 
ほかには、
かけ算の順番とか、
通分は必ず最小公倍数でやるとか、
ズレたこといっぱい習うので、
そういうのをみかけるたびに、
ちゃんとどうでもいいってことを
伝えてあげてください。
 
そうしないと、
非効率な間違った手順でしか
問題を解けなくなります。

 
 

子供への勉強の教え方のコツ⑥ 途中式は必ず書かせる

子供への勉強の教え方のコツ6つ目は、
途中式は必ず書かせる
です。
 
学校では、
細かく途中式を書くと
×にされるといった、
狂った教育がなされている

という話を聞いたことがあります。
 
これ最悪なので、
家では正しいことを教えてください。
 
途中式は書くのが正しい
省かせる学校が間違っている
という風に。
 
小学校のうちから、
出来もしないのに暗算し始めると、
計算能力が大幅にダウンします。
 
本来暗算は、
膨大な計算練習積んだ先に
いつのまにかできるようになるもの

ですからね。
 
 

子供への勉強の教え方のコツ⑦ ゲーム性を持たせる

子供への勉強の教え方のコツ7つ目は、
ゲーム性を持たせる
です。
 
子供はゲーム性があるほうが
勉強を楽しめます。

 
制限時間つけたり、
競争してみたり、
はやく終わったらたくさん遊んでokにしたり、
いろいろ設定して、
ゲーム性をつけることで、
楽しく、集中して勉強するように
なります。
 
1つダメなことは、
テストで何点とったら
ゲームを買ってあげるなどの
報酬を設定することです。
 
これをやってしまうと、
報酬がないと勉強できなくなるからです。
 
なのでそういう報酬を避けたうえで、
ゲーム性を持たせて勉強させてください。
 
 

子供への勉強の教え方のコツ⑧ 一緒に解く

子供への勉強の教え方のコツ8つ目は、
一緒に解く
です。
 
子供と一緒に勉強すると、
子供もやる気になりやすいです。
 
実際に親が解いているやり方を見て、
真似て効率よくやってみたり、
親よりうまくやるために
いろいろ試行錯誤したり…
 
勝手に成長していきます。
 
 
 

やってはいけない子供への勉強の教え方


ここからは、
やってはいけない子供への勉強の教え方
をお伝えします。
 
絶対にやらないでください。
 
子供が勉強も親も
両方嫌いに
なってしまいます。
 
 

やってはいけない子供への勉強の教え方① 兄弟と比較する

やってはいけない子供への勉強の教え方1つ目は、
兄弟と比較する
です。
 
よくある親の最低行動の1つ
ですね。
 
兄弟と比較されると、
された側は気分悪いです。
 
兄弟だからって
同じように行くわけありません。
 
なのに比較されたら、
勉強のやる気は失せるし、
親のことも嫌いに
なります。
 
 

やってはいけない子供への勉強の教え方② 「なんでできない」って言う

やってはいけない子供への勉強の教え方2つ目は、
「なんでできない」って言う
です。
 
「なんでできない」って言われても
子供はどうしようもありません。
 
ちゃんとできるように、
導いてあげてください。
 
できないようなら、
もう一回解いて見せて
真似させるとかしてください。
 
とにかく繰り返し説明して、
自分でできるように練習させてください。
 
文句言ってはいけません。
 
 

やってはいけない子供への勉強の教え方③ 感情的に怒る

やってはいけない子供への勉強の教え方3つ目は、
感情的に怒る
です。
 
出来ない子に対して、
感情的に怒る親が多いみたいですが、
これも最低行動なのでやめてください。
 
感情的に怒ると
そこで子供の思考が停止します。
 
なにかしても
子供に怒られるから、
自分からはなにもしようとしない、
何も考えようとしない、
無気力人間になっていきます。
 
最悪、人に迷惑しかかけない
クズでバカに育つので、
絶対に感情的に怒るのは
やめてくださいね。
 
 
 

子供の思考力を伸ばす教え方


ここからは、
子供の思考力を伸ばす教え方
をお伝えします。
 
ここで紹介することを
日頃から意識して子供とコミュニケーション取ることで
馬鹿には育たなくなる
ので意識して使ってください。
 
 

子供の思考力を伸ばす教え方① 会話に「なぜ」を取り入れる

子供の思考力を伸ばす教え方1つ目は、
会話に「なぜ」を取り入れる
です。
 
日頃の会話で、
いろんな物事に対して、
疑問を持つように仕向けて
あげましょう。
 
いろんなことにたいして、
「なんでだと思う?」
って聞いてあげてください。
 
そんで子供なりの答えを
考えさせてください。
 
これをあたりまえにすることで、
考えることが習慣化して、
思考力が鍛えられて
いきます。
 
 

子供の思考力を伸ばす教え方② 理由をちゃんと説明する

子供の思考力を伸ばす教え方2つ目は、
理由をちゃんと説明する
です。
 
子供がいろんなものに、
疑問を持って親に質問してきます。
 
そんなとき、
ちゃんと説明してあげてください。
 
忙しい!とか、
あとで!とか、
そうやって突き放すことは
絶対にやめて
ください。
 
疑問を持っても
相手にしてもらえないと思って、
思考停止してしまいます。
 
 

子供の思考力を伸ばす教え方③ 好きなことはたっぷりやらせる

子供の思考力を伸ばす教え方3つ目は、
好きなことは思い切りやらせる
です。
 
よくいるのが、
ゲームを禁止しようとする親
です。
 
子供がやりたいことを
抑圧するのは最悪です。
 
興味持ったことを
おもいっきりやらせてあげることで、
想像力、思考力が身につきます。

 
もちろん、
そればかりで勉強しないのはダメですが、
勉強させるために遊びを否定するのは
絶対にダメです。
 
 
 

子供の思考力をつぶす教え方


ここからは、
子供の思考力をつぶす教え方
をお伝えします。
 
個々の教え方をやると、
子供の思考力をつぶしてしまい、
馬鹿になって
いきます。
 
絶対に避けてください。
 
 

子供の思考力をつぶす教え方① 一方的にごちゃごちゃ言う

子供の思考力をつぶす教え方1つ目は、
一方的にごちゃごちゃ言う
です。
 
親が子供に対して
一方的にごちゃごちゃいうと、
子供が考える暇がなくなります。

 
そのため、
考えることがなくなって、
思考力がみにつかなくなってしまいます。
 
 

子供の思考力をつぶす教え方② 否定する

子供の思考力をつぶす教え方2つ目は、
否定する
です。
 
子供のことを
否定するのも絶対にやめてください。
 
ゲームがダメとか、
マンガがダメとか、
テレビがダメとか、
なんの根拠もないくせに
否定するのは絶対にダメ
です。
 
これも子供を
思考停止状態にして、
思考力が身につかなくなります。
 
 

子供の思考力をつぶす教え方③ 子供の好きなモノを取り上げる

子供の思考力をつぶす教え方3つ目は、
子供の好きなモノを取り上げる
です。
 
否定するのと同じようなことですが、
好きなモノを取り上げるのもダメです。
 
よくいるのが、
勉強させるためにゲームを没収したり、
スマホを禁止する親。
 
意味ないですから。
 
好きなモノ取り上げられても
子供は絶対に勉強するようにはなりません。
 
親を嫌いになって、
それまで以上に勉強する気を失うだけです。
 
 
 

最後に


以上、
子供にわかりやすく勉強を教えるコツと
やってはいけない教え方

でした。
 
わかりやすい教え方を使うことで、
家で正しい勉強を教えてあげてください。
 
あと、
やってはいけない教え方は
絶対に使わないでください。
 
意識してやらないでください。
 
意識しないと
やりがちですから。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 小学生の夏休み。習い事(塾)に行かせず、勉強させられるコスパ最高の方法とは?
⇒ 中学生は塾に行くべきか?塾より安く高確率で成績を上げる方法
⇒ 子供をダメにする子供の習慣と親の習慣
⇒ 地頭がいい子供を育てるためにやるべきこととやめるべきこと
⇒ 最強の勉強ツール『スタディサプリ』を使ってみた感想、メリット、足りないところなどいろいろ暴露

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください