苦手な高校数学の問題が少しわかるようになる勉強法

スポンサーリンク

こんにちは、
しょうりです。
 
こちらでは、
苦手な高校数学の問題が少しわかるようになる勉強法
についてお伝えします。
 
高校数学が苦手、
数学の問題が全然解けない
そういう悩みを少しでも
解決するために、
ぜひここでお伝えするやり方を試してみてください。
 
 
 

高校数学を解くために必要な知識


まずは、
高校数学を解くために必要な知識
についてお伝えします。
 
ここでお伝ええすることが
中途半端だと高校レベルのどこかしらで
確実につまづくことになる
ので、
しっかり鍛えておきましょう。
 
 

高校数学を解くために必要な知識① 小学校の基礎計算

高校数学を解くために必要な知識1つ目は、
小学校の基礎計算
です。
 
こんなのはできるに決まっている。
 
そう思いますか?
 
例えば簡単な掛け算、
見た瞬間に答え見えますか?
 
例えば分数計算、
悩まず手を止めることなく解いていけますか?
 
小学校レベルは、
最低限このレベルに到達していないと、
お話になりません。

 
高校レベルの問題を解くときに、
すべて使いますからね。
 
 

高校数学を解くために必要な知識② 中学数学のすべて

高校数学を解くために必要な知識2つ目は、
中学数学のすべて
です。
 
高校数学は、
ほぼすべてが中学数学の進化版
みたいなものです。
 
それに加えて
さらに新しいのも出てくるので、
中学数学が中途半端だと、
少しずつ遅れていきます。

 
仮に今高校数学が苦手で、
これから克服しようと思っても、
中学数学がハンパだとすごく時間がかかるか、
ヘタしたらまったく理解できません。
 
 
 

高校数学の苦手を克服するために必要な意識


ここからは、
高校数学の苦手を克服するために必要な意識
についてお伝えします。
 
ここでお伝えする意識を、
先に理解して、意識しておけば、
効率よく高校数学の苦手を克服していけるでしょう。
 
 

高校数学の苦手を克服するために必要な意識① 最初からできなくて当然

高校数学の苦手を克服するために必要な意識1つ目は、
最初からできなくて当然
です。
 
これから高校数学の苦手を
克服していこうと思うなら、
最初からできなくて当然!
って意識は絶対に持っておいてください。
 
最初はだれでもできません。
少しずつ練習を積んでいって、
その先でできるようになっていく
んです。
 
だから、
今、出来ないからって、
諦める必要ありません。
 
前に勉強したけど、
理解できなかったからって
気にする必要ありません。
 
最初はだれでもできません。
そこであきらめずに、
練習積んでできるようになればいいだけです。
 
 

高校数学の苦手を克服するために必要な意識② 理解より暗記

高校数学の苦手を克服するために必要な意識2つ目は、
理解より暗記
です。
 
数学というと、暗記ではない
そんな思い込みをしている人が多い気がします。
 
ぶっちゃけ言うと、
数学もけっこう暗記ですよ。
 
社会系とか理科系みたいに
言葉を暗記するわけではないだけです。
 
公式、解き方、問題のパターン
全部暗記
です。
 
基本は暗記。
あとはその覚えた知識をどう使うか?

ってだけです。
 
数学も基本は暗記
この意識を忘れずに持っておいてください。
 
 

高校数学の苦手を克服するために必要な意識③ 才能は必要ない

高校数学の苦手を克服するために必要な意識3つ目は、
才能は関係ない
です。
 
数学の世界の、
トップを目指そうと思ったら、
才能は必要
かもしれません。
 
実際に数学の天才っていますからね。
彼らはすっごいです。
 
だけど、
テストで点とるだけなら、
才能なんてなくても
なんとでもなります。

 
テクニックと戦略で、
いくらでもコントロールできます。
 
才能があるとかないとか
そんな話は、
学校のお勉強レベルでは、
たいした影響ありません。

 
 

高校数学の苦手を克服するために必要な意識④ 大切なのは質&量

高校数学の苦手を克服するために必要な意識4つ目は、
大切なのは質&量
です。
 
勉強は量よりも質です。
 
だけど、
数学のスキルを伸ばすためには、
けっこう量も必要です。
 
計算スピードや
アタマの回転スピードを高めるには、
やはり量をこなさないといけません。
 
というわけで、
質は必須だけど、
そのうえで量もこなしていかないといけない

ということを認識しておいてください。
 
 
 

高校数学が解けるようになるための勉強法


ここからは、
高校数学が解けるようになるための勉強法
についてお伝えします。
 
とりあえず最初はここでお伝えすることを
意識して勉強していってください。
 
そうすれば少しずつ
苦手意識が薄れていくと思います。
 
 

高校数学が解けるようになるための勉強法① 基礎問題にとにかく慣れろ!

高校数学が解けるようになるための勉強法1つ目は、
基礎問題にとにかく慣れろ!
です。
 
応用とか難しい問題は
とりあえずおいといてください。
まずはとにかく基礎です。
 
徹底的に基礎問題を訓練して、
基礎問題ならサクッ解けるように
していきましょう。
 
これは繰り返しトレーニングすれば、
確実に身につきます。
 
基礎が素早く解けるようになれば、
その先のレベルの問題にも
取り組みやすくなります。
 
なのでまずはとにかく基礎!
これでやっていってください。
 
 

高校数学が解けるようになるための勉強法② 6つのテクニックを取り入れる

高校数学が解けるようになるための勉強法2つ目は、
6つのテクニックを取り入れる
です。
 
このブログで紹介している
六式勉強法の6つのテクニックですね。
 
これらを勉強に取り入れることで、
勉強の効率を大幅にアップできます。
 
いきなり全部やるのは大変だろうから、
とりあえずは、
処理能力と暗記力と管理能力あたりから
取り入れてみてください。
 
勉強効率はびっくりするくらい上がります。
 
そんでいつのまにか、
できるようになって、
高校数学への苦手意識も
薄まっていきます。
 
 
 

最後に。


以上、
苦手な高校数学の問題が少しわかるようになる勉強法
でした。
 
高校数学で苦戦している方は、
すぐに取り入れてください。
 
1~2ヶ月も続ければ、
変わってきます
から。
 
学校の勉強は、
やればほぼ確実に伸びます。
 
伸びないのであれば、
量が足りてないかやり方が悪いか
どっちかまたは両方です。
 
ここで正しいやり方はお伝えしました。
あとは量をこなすだけです!
がんばっていきましょう。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください