国語が苦手な3つの理由と克服するためにやるべき4個のコト

こんにちは、
しょうりです。
 
こちらでは、
国語が苦手な3つの理由と克服するためにやるべき4つのコト
をお伝えします。
 
国語が苦手と感じていて、克服したい方はぜひ参考にしてください。
 
 
 

国語が苦手な理由


ここからは、
国語が苦手な理由
をお伝えします。
 
国語が苦手な原因を明らかにして効率良く勉強して克服していきましょう。
 
 

国語が苦手な理由① 語彙力不足

国語が苦手な理由1つ目は、
語彙力不足
です。
 
単純に言葉を知らな過ぎる
といやつですね。
 
いろんな表現、いろんな言葉の意味
 
そういうのをたくさん知っていればいるだけ国語の文章は読み取りやすくなります。
 
逆に語彙力がなければ、文章が何を語っているのか?
 
全然読み取ることができません。
 
 

国語が苦手な理由② 文章読み慣れてない

国語が苦手な理由2つ目は、
文章読み慣れてない
です。
 
そもそも文字を読むということに慣れていない場合も、国語が苦手な原因です。
 
文字に不慣れなうちは絶対に国語の苦手は克服できません。
 
 

国語が苦手な理由③ 自分で考えて解くと思っている

国語が苦手な理由3つ目は、
自分で考えて解くと思っている
です。
 
国語が苦手な人がよくカンチガイしているのが、国語は自分で考えて答えを出すものという思いこみ。
 
国語も他の教科と同じで、答えがちゃんとあります。
 
自分で考えるのではなく、文章中から答えを探し出す
 
これが国語だということを理解してください。
 
 
 

国語が苦手なデメリット


ここからは、
国語が苦手なデメリット
をお伝えします。
 
国語が苦手だとろくなことないので、ぜひ理解して克服に動き出してください。
 
 

国語が苦手なデメリット① 全教科で伸び悩む

国語が苦手なデメリット1つ目は、
全教科で伸び悩む
です。
 
日本の学校のテストは、日本語で書かれていますよね。
 
てことは、国語が苦手だと全教科の文章が読み取れません。
 
その結果、全教科でうまく点が取れなくなります。
 
 

国語が苦手なデメリット② 思考力が伸びない

国語が苦手なデメリット2つ目は、
思考力が伸びない
です。
 
文章を読み解く力がなければ、思考力も伸びません。
 
思考力が伸びないと、簡単な問題は解けても、思考力が求められる応用問題は全然解けなくなります。
 
 

国語が苦手なデメリット③ 理系でも文系でも苦労する

国語が苦手なデメリット3つ目は、
理系でも文系でも苦労する
です。
 
どんな道に進んだとしても、日本にいる限り、日本語の文章からは、逃れられません。
 
だから、
理系も文系も関係なく、苦労することになります。
 
文系なら、国語が得意人との戦いになるし、理系は論文書いたり、レポートを書いたりしないといけないので、国語のスキルは必要です。
 
 
 

国語の苦手を克服するためにやるべきこと


ここからは、
国語の苦手を克服するためにやるべきこと
をお伝えします。
 
すぐに取り入れて、国語の苦手克服を実現してください。
 
やれば少しずつ前進できます。
 
 

国語の苦手を克服するためにやるべきこと① おもしろいと感じる文章を読む

国語の苦手を克服するためにやるべきこと1つ目は、
おもしろいと感じる文章を読む
です。
 
国語が苦手な人は、国語の教科書の文章がつまらないと感じていませんか?
 
それで国語が嫌い、苦手な場合は、まずは自分が楽しいと思える文章を読むようにしてください。
 
そうやって、文章を読むことに慣れていってください。
 
 

国語の苦手を克服するためにやるべきこと② 語彙力を増やしていく

国語の苦手を克服するためにやるべきこと2つ目は、
語彙力を増やしていく
です。
 
国語の苦手克服に、語彙力を増やすことは必須です。
 
なので、語彙力を増やすことも常に意識していきましょう。
 
具体的にはいろんな文章を読んで、わからない言葉があったら調べる。
 
そして、ちゃんと調べたことを覚えておく。
 
これの積み重ねです。
 
 

国語の苦手を克服するためにやるべきこと③ 人間の感情を学ぶ

国語の苦手を克服するためにやるべきこと3つ目は、
人間の感情を学ぶ
です。
 
国語の文章を読み解くコツは、人間の感情を学ぶところにあります。
 
国語の問題で問われる人間の感情を覚えていきましょう。
 
こういう表現の時、国語の答えとして求められる感情はこういうもの
 
みたいなパターンを覚えていってください。
 
そうすれば自分で考える必要は一切なくなります。
 
 

国語の苦手を克服するためにやるべきこと④ 問題の解き方を学ぶ

国語の苦手を克服するためにやるべきこと4つ目は、
問題の解き方を学ぶ
です。
 
感情と同じように、こう聞かれたら、こう答えるというパターンがありますよね。
 
それも覚えていきましょう。
 
型をたくさん覚えておけば、いろいろな問題に対応できます。
 
ちゃんと答えを見つけられるようになります。
 
 
 

最後に


以上、
国語が苦手な3つの理由と克服するためにやるべき4個のコト
でした。
 
国語が苦手と感じている人は、ぜひ実行してみてください。
 
日々の積み重ねで、わざわざ必死に勉強しなくても国語の苦手は克服していけます。
 
今すぐ意識してみてください。意識するだけで変わります。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 国語力をみにつける6つの勉強法
⇒ 計算が遅い人が劇的に速くなるためにやるべき7個の方法
⇒ 嫌いな教科の勉強に集中できないときにやるべき4個の勉強法
⇒ 夏休みに英語の苦手を克服する6個の勉強法
⇒ 最強の勉強ツール『スタディサプリ』を使ってみた感想、メリット、足りないところなどいろいろ暴露

【質問はこちらから気軽にどうぞ!】

「こんな勉強法が知りたい!」とか
「こういうやり方はどうなの?」とか
なんでもokなのでお気軽にどうぞ。

いただいた質問は
ブログ、Youtubeで回答していこうかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください