『二重目標の立て方』ストレスなく続けられる最強の勉強法

スポンサーリンク

こんにちは、
しょうりです。
 
こちらでは、
二重目標の立て方
についてお伝えします。
 
これができるようになると、
勉強の継続が今まで以上にラクになるので、
ぜひ取り入れてみてください。
 
 
 

二重目標とは?


二重目標とは、
最低目標と理想目標の
2段階で勉強の目標を設定する

目標設定のやり方です。
 
勉強のノルマを最低目標と理想目標
2つ作ってそれをこなしていく
 
シンプルな目標の立て方です。
 
シンプルだけど
強力なので取り入れたほうがいいですよ。
 
 
 

間違った勉強目標の立て方


ここからは、
間違った勉強目標の立て方
をお伝えします。
 
とりあえず間違った勉強目標を
立ててしまわないよう注意しましょう。
 
 

間違った勉強目標の立て方① ノルマが多すぎる

間違った勉強目標の立て方1つ目は、
ノルマが多すぎる
です。
 
ノルマが多すぎたら、
こなせなくなります。
 
こなせなくなったら、
勉強のやる気も失せていきます。
 
なのでこなせないノルマ設定は
しないようにしましょう。
 
 

間違った勉強目標の立て方② 時間がシビアすぎる

間違った勉強目標の立て方2つ目は、
時間がシビアすぎる
です。
 
ノルマと一緒で
時間もしんどいものにすると、
全然達成できなくて、
嫌になって
いきます。
 
だから時間もちょうどいい設定を
目指していきましょう。
 
 

間違った勉強目標の立て方③ 自由度がなさすぎる

間違った勉強目標の立て方3つ目は、
自由度がなさすぎる
です。
 
目標を立てることは素晴らしいけど、
それに縛られて生活に自由がなくなるのも
あまりよくありません。
 
結局ストレスためて
いやになっていきます。
 
なので、
自由がなさすぎるってことにも
ならないように注意して下さい。
 
 
 

勉強の二重目標の立て方


ここからは、
勉強の二重目標の立て方
をお伝えします。
 
ここでお伝えするやり方通りに
勉強の二重目標を立てていけば、
今まで以上にラクに、
効率良く、継続して
いけます。
 
 

勉強の二重目標の立て方① 最低限のノルマを決める

勉強の二重目標の立て方1つ目は、
最低限のノルマを決める
です。
 
最低限のノルマとは、
どんなにやる気がなくても
絶対にこなすノルマ

です。
 
その日のコンディション、
やる気の有無にかかわらず
必ずやる勉強です。
 
なので、
恐ろしくやる気のない日でも
できるノルマ設定を行ってください。
 
 
 
とりあえずテキトーに
ノルマ設定
して勉強してみて、
自分にちょうどいいノルマを
探ってみてください。
 
こればっかりは
人それぞれだと思うので
自分でやってみてもらうしかありません。
 
個人的な目安は
20問
です。
 
 

勉強の二重目標の立て方② 理想のノルマを決める

勉強の二重目標の立て方2つ目は、
理想のノルマを決める
です。
 
最低限のノルマを決めたら
次は理想のノルマを決めてください。
 
できれば毎日これくらいできたらいいなぁー
っていう量のノルマです。
 
これは必ずこなすべきものではないので、
理想を純粋に設定しちゃってokです。
 
物理的に絶対に不可能な目標には
しないように
しましょう。
 
理想のノルマは、
がんばれば超えれそうだけど、
がんばらないと絶対に越えられない
くらいの目標設定が丁度いいと思います。
 
 
 

勉強の二重目標を立てた後の使い方


ここからは、
勉強の二重目標を立てた後の使い方
についてお伝えします。
 
勉強の二重目標を立てた後の
勉強の進め方
についてです。
 
 

勉強の二重目標を立てた後の使い方① 基本は最低限をこなす

勉強の二重目標を立てた後の使い方1つ目は、
基本は最低限をこなす
です。
 
基本的には毎日最低限のノルマを
こなし続けて
いきましょう。
 
気分的に最低ノルマよりも
勉強したいと思うときは
もっとやってもokです。
 
とにかく最低限のノルマは
超えるように勉強すれば
あとはどれだけ増やしてもokです。
 
その日の気分に合わせて、
変動させていきましょう。
 
 

勉強の二重目標を立てた後の使い方② やる気が満ち溢れているときは理想を目指す

勉強の二重目標を立てた後の使い方2つ目は、
やる気が満ち溢れているときは理想を目指す
です。
 
たまにあると思います。
妙にやる気に満ち溢れている日。
 
そういう日は
理想のノルマを超えることを目指して
勉強してください。
 
やる気が満ち溢れているときなら、
そんなに苦にならないはずです。
 
 

勉強の二重目標を立てた後の使い方③ 理想は到達できなくてもok

勉強の二重目標を立てた後の使い方3つ目は、
理想は到達できなくてもok
です。
 
やる気に満ち溢れていて、
理想を目指してやったけど、
思ったよりも時間がかかって
理想を超えるのは厳しい…
 
ってなったときは
それはそれでokです。
 
理想ノルマは、
超えるべきノルマではなく、
超えれたらうれしいねーってノルマなので、
あまり堅く考える必要ありません。
 
超えれなかったとしても、
最低目標のノルマは達成しているので
ノープロブレムです。
 
 
 

最後に


以上、
ストレスなく勉強ノルマをこなし続けられる最強の勉強法
二重目標の立て方

でした。
 
これをやるだけで、
かなりラクに勉強を
継続できるように
なります。
 
どんなにやる気がなくても
ちゃんと勉強する用にもなるので、
成績も順調に伸びていきます。
 
ぜひ使ってみてください。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 1分でできる最強の肩こり、首コリ解消ストレッチ!勉強による肩こりを劇的に解消!
⇒ 勉強効率が上がる勉強の順番はコレ!!遊ぶために勉強しよう!!
⇒ 出来ない理由を探すな。そんなことをしてもテストの点は1点も上がらない。
⇒ 絶対にやってはいけない!勉強が「無意味な作業」に成り下がる勉強法・思考法
⇒ 最強の勉強ツール「スタディサプリ高校・大学受験講座」を使ってみた感想、メリット、足りないところなどいろいろ暴露

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください