うざい教師、嫌いな教師のかわし方とつぶし方

スポンサーリンク

こんにちは、
しょうりです。
 
コチラでは、
うざい教師、嫌いな教師の、
かわし方やつぶし方
についてお伝えします。
 
学校にそういう教師がいると、
学校生活の楽しさも激減しますよね。
勉強のやる気も失われます。
 
なので、
うまくかわしたり、つぶしたりする方法を知って、
それを活用して学校生活を楽しいモノにしてください。
 
 
 

うざがられる・嫌われる教師の特徴


ここからはうざがられる・嫌われる教師の特徴を
お伝えしていこうと思います。
 
まぁうざいと言われる教師、嫌われる教師は、
間違いなくどれかしらに該当していると思います。
 
 

筋が通らないクズ

うざがられる・際られる教師の特徴1つ目は、
発言が矛盾していて、筋が通っていないクズ
です。
 
口を開くたびに違うことを言うやつですね。
昨日は肯定していたことを
次の日には平気で否定する。
 
そして、
前の日の発言を完全に覚えていない。
 
たくさんいますよね。
自分の発言に責任持てない残念さんです。
 
知能も低いんです。
 
 

生徒に生意気な口をきき、上司にヘコヘコ

うざがられる・嫌われる教師の特徴2つ目は、
生徒に生意気な口をきき、
上司にヘコヘコする

です。
 
子供相手だから
気が大きくなっているのか知りませんが、
やたら生意気な口をきく教師いますよね。
 
なのに自分より上の教師の前では、
急にヘコヘコしていい子ちゃんぶる。
 
クズ教師の典型例です。
ちなみにわたしの中1のときの担任はコレでしたね。
 
 

授業が残念

うざがられる・嫌われる教師の特徴3つ目は、
授業が残念
です。
 
授業が超絶わかりにくい
授業が超絶つまらない

またはそれがダブル
 
これも嫌われますよね~
 
まぁしょうがないですよ。
仕事できないやつはどんな世界でも嫌われます。
 
これに加えて、
生徒に生意気な口をきくようなら、
嫌われ街道一直線ですね♪
 
 

不潔

うざがられる・嫌われる教師の特徴4つ目は、
不潔
です。
 
なんか汚らしい教師いますよね。
 
あぶらっこかったり、
臭かったり、超デブだったり
 
人前にたって、
勉強を教えるんだから、
最低限の身だしなみくらいは気を使えよ。
 
って話ですよね。
うざがれて、嫌われて当然です。
 
 

暴力をふるう

うざがられる・嫌われる教師の特徴5つ目は、
暴力をふるう
です。
 
もしかしたら最近はかなり
減ってきているのかもしれませんが、
まだいますよね。
 
すぐ暴力振るうクズ教師。
 
まず人として終わってます。
殴るしか脳のない猿未満の獣です。
 
うざがられ、嫌われて当然です。
というかこれはもう暴行・傷害事件です。
 
出るとこ出ましょう。
 
 
 

うざい・嫌いな教師の対処法


ここからは、
うざい・嫌いな教師の対処法
をお伝えしていきます。
 
問答無用でこれらを活用すれば、
きっとあなたの学校生活はよりよいものに
変えていけ
ことでしょう。
 
ぜひ使ってみてください。
 

機械的に対応する

対処法1つ目は、
機械的に対応する
です。
 
イヤなやつとも会話しなければいけない
そんなタイミングってあると思います。
 
でもいちいちイヤがって、
ストレスためるのもエネルギーの無駄です。
 
なので、
ここはひとつ、
心のスイッチをオフにして、
機械的に対応
しましょう。
 
みんなが答えそうな答えを
テキトーに選択して、
無感情に返事して対応すればOKです。
 
心が何も感じなければ、
イヤなヤツとのコミュニケーションは
ストレスフリーで乗り切れます。
 
ポイントは、
会話を長引かせないこと
です。
 
ソウナンデスカー
ヘェー
ワカリマセーン
 
という感じで、
テキトーに返事するだけにして、
会話を広げない。
 
これが大切です。
あと死んだ目をしておくと効果的です。
 
 

はっきり意見を言う

対処法2つ目は、
はっきり意見を言う
です。
 
矛盾したことやふざけたことを
言い出した時、
はっきりいってみてもいいと思います。
 
子供だから反撃してこない
って考えているクズ教師も結構いると思うので、
ちょっと強く反撃したらおとなしくなるかもしれません。
 
本当は気弱なヤツに限って、
子供にだけは生意気だったりしますからね。笑
 
試してみる価値はあると思います。
 
 

ほかの先生に言う

対処法3つ目は、
ほかの先生に言う
です。
 
直接言うのはイヤ
直接言っても意味なかった
そんなときはコレをやりましょう。
 
学年主任とか、教頭とか、
わりと上の先生に報告
しましょう。
 
教師があまりにも
ふざけたことをやっていると、
ちゃんと指導が入って、
クズ教師もおとなしくなるはずです。
 
 

親に相談する

対処法4つ目は、
親に相談する
です。
 
自分から教頭や学年主任に言いにくい場合、
親に言ってもらうというのも
有効な手段です。
 
たいていの場合、
ここまですればおさまります。
 
もし親に言ってもらって、
学校側がろくに対処しなかった場合は、
次の対処法
を使ってください。
 
 

教育委員会にチクる

対処法5つ目は、
教育員会にチクる
です。
 
学校に言ってもダメな場合、
教育委員会に言いましょう。
 
親に言ってもらうのもアリです。
 
とにかくクズ教師をつぶすために
動いてくれそうなところを利用していきましょう。
 
 

クラス全員で団結して拒否る

対処法6つ目は、
クラス全員で団結して拒否る
です。
 
これはクズ教師を指導してもらうとかではなく、
子供たちでその教師に精神的ダメージを
与えることができる方法
です。
 
これはわたしが中学生の時の話ですが、
嫌われ者のクズ教師の授業を
クラス全員でムシする

っていうのをやりました。
 
教室から出ていくとき涙目だったので、
かなりダメージ大きかったと思います。
 
他の先生たちも
そいつがクズなのは知っていたので、
まったく問題にはなりませんでしたしね。
 
教師に直接精神的ダメージを与えたい場合は、
ぜひやってみてください。
 
いい思い出です。笑
 
 

警察に相談する

暴力やセクハラ、窃盗など、
法に触れることをやられた場合は、
学校をいちいちはさむことなく、
即警察に被害届出しましょう。
 
学校をはさむともみ消しに
かかってくるかもしれません。
 
校長や教頭は、
そういう事態になったら
自分の評価にかかわりますからね。
 
クズ教師連れて、
カタチだけの謝罪は
してくるかもしれませんが、
そんなものを絶対に受けてはいけません
 
情状酌量の余地ありって
判断されてしまいます
からね。
 
絶対に対応してはいけません。
 
きっちり法でさばいてもらうか、
示談にするにしても、
慰謝料をがっぽりぶんどってやりましょう。
 
クズには相応の制裁をするのが、
いちばんですからね♪
 
そして、
二度と立ち上がれないダメージを与えて上げて、
社会から退場させてやりましょう♪

 
 
 

うざがられる・嫌われる教師への対応の注意点


ここからは、
うざがられる・嫌われる教師への対応の際の注意点を
お伝えしていきます。
 
注意すべきところをしっかり理解しておかないと、
あとあと不利な状況に立たされる恐れもあります。
 
なのでしっかり理解して、
注意して対応しましょう。
 
 

こっちから手を出してはダメ!!!!

注意点1つ目は、
こっちから手を出してはダメ!!!!
です。
 
暴力教師にやられたからといって、
やり返してはいけません。
 
嫌われ者だからと言って、
その人に暴力を振るってもいけません。
 
スタンスとしては、
「やられたら法でやりかえす」
これでいきましょう。
 
暴力振るったら暴行、傷害で
訴えらえる可能性ありますからね。
 
やるなら上で紹介した、
精神的ダメージを与える方法だけにしておきましょう。
 
あれなら訴えようがありませんからね。
 
 

泣き寝入りは絶対にダメ!!!!

注意点2つ目は、
泣き寝入りは絶対にダメ!!!!
です。
 
多くの人はめんどうだとかいって、
教育委員会とか警察とかを
避けて通りたがるけど、
クズは消してあげるのが優しさだと思います。
 
自分がなにかされたとき、
仲間がなにかされたとき、
法律を活用して、
しっかり潰して
やりましょう。

 
そうじゃないと、
被害者が増える一方ですからね。
 
 
 

学校生活において持っておくべき考え方


ここからは学校生活において、
持っておくべき考え方
を紹介します。
 
これらを知っておけば、
ある程度イヤな教師に出会っても、
精神的な負荷を軽減できると思います。
 
そして、
何かあったときはしっかりやり返せると思います。
 
 

合う合わないはある

教師も生徒も人間なので、
どうしても合う合わないはあります。
 
みんなに人気の先生でも、
自分だけは「なんか嫌」
ってこともありえます。
 
だからそんなこともある
くらいに考えて
あまり深く悩まないようにしましょう。
 
 

クズはどうしようもない

クズ教師はどうしようもありません。
 
理想は自分たちになにか手を出してくるように仕向けて、
警察沙汰にして消してあげることですが
危ないのでそれもおすすめしません。
 
だから
基本はなるべく関わらないようにして、
何かされたときは徹底的に戦ってぶっ潰す。

 
そういう心意気でいきましょう。
 
 

遠慮する必要はない

何かされたとき、被害を受けたとき、
そんなときは遠慮する必要はありません。
 
利用できるものを全て利用して、
クズ教師の心がすりつぶれるほど
完膚なきまでに叩き潰してあげましょう。
 
遠慮したら相手はつけあがるだけです。
 
 
 

なぜクズ教師が多いのか?


ここからはなぜクズ教師が多いのか?
についてお伝えします。
 
中学も高校も、
子供たちから話を聞いていると
本当にクズ教師が多いです。
 
うざい教師、嫌いな教師の話を
聞かないことはまずありません。
 
どうしてそんなことになってしまうのか?
わたしなりの見解をお伝えしておこうと思います。
 
 

ちょっと勉強すればなれちゃうから

まず1つ目は、
ちょっと勉強すれば教師になれちゃうから
です。
 
「教師は勉強ができる」
みたいな一般イメージがありますが、
大間違いです。
 
正直、
そんなに勉強できなくても、
なれちゃう
イメージです。
 
なぜなら、
教員免許取れる大学いって、
免許取ればなれるから。
 
調べてみると、
教育学部で偏差値50を切る大学
かなりあります。

 
つまりたいして勉強できなくても、
教師になれるってこと。
 
もちろんバカではなれませんが、
特別優秀というわけでもない。
 
なのに教師になって、
まわりから勉強できるっぽい扱い受けて
無能な教師はカンチガイしてクズになる
んです。
 
 

教師がエライってカンチガイしているから

2つ目は、
教師がエライってカンチガイしているから
です。
 
教師本人も、多くの親たちも、
教師が偉い
ってカンチガイしている
人が多い。
 
なにがえらいの?
って話です。
 
職業の1つにすぎません。
公務員というくくりではあるかもしれないけど。
同じように給料もらっているので
会社員と特に変わりません。
 
なのにまわりが
偉いっぽい扱いしてしまって、
無能な教師はカンチガイして、
クズになってしまう
んです。
 
 

勉強しかしてきていない世間知らずだから

3つ目は、
勉強しかしてきていない世間知らずだから
です。
 
大学出てすぐ教師になった場合、
社会に出たことがないので
完全な世間知らずです。
 
教師を目指す人は、
マジメに非効率に勉強してきた系の人が多いので、
楽しく勉強するとか、おもしろい授業するとか
どうすればいいかわからない
んですよ。
 
つまらない授業も
疑問を抱くことなくマジメに受けてきたから。
 
だから授業がわかりにくい、
つまらないクズ教師になっちゃうんです。
 
多少なり社会経験があって、
いろいろ経験してきた良い先生は、
きっと子供たちに生意気なこと言わないし、
授業も楽しく、わかりやすいはずです。
 
ちなみに、社会経験がなくても、
おもしろい授業をする先生
もいます。
その人は日頃からいろいろ考えていて、
ちゃんと努力もしてきた人ってことです。
 
 
 

最後に。


以上、
うざい教師、嫌いな教師のかわし方とつぶし方
でした。
 
クズ教師は、
どこの学校にも少なからずいます。
 
そして生理的に合わない教師も
出会うことがあるかもしれません。
 
でもそんなとき、
対処法を知っていれば、
焦らずクールに対応できるはずです。
 
なのでぜひ覚えておいてください。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 授業中の暇つぶしにおすすめの3つの遊びと3つの勉強
⇒ 明日から使える♪うざい友達の対処法&黙らせる方法
⇒ 学校で授業中に眠い。勉強中に眠い。昼間眠い。3つの状況別眠気解消法
⇒ 学校の授業がつまらないのは自分にやる気がないからではないかもしれない(ハズレ先生の使い方 学校編)
⇒ スタディサプリ高校・大学受験講座を使ってみた感想、メリット、足りないところなどいろいろ暴露

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください