忘れ物をなくす7個の簡単な方法。今日から使えます。

スポンサーリンク

こんにちは、
しょうりです。
 
ここでは、
今日から使える、
忘れ物をなくす7個の簡単な方法
を紹介します。
 
忘れ物が多い人は、
参考にしてください。
 
 
 

忘れ物が多い原因


ここからは、
忘れ物が多い原因
をお伝えします。
 
原因をはっきりさせて
効率良く改善していきましょう。
 
 

忘れ物が多い原因① 意識が薄いから

忘れ物が多い原因1つ目は、
意識が薄いから
です。
 
忘れ物しないようにしよう
という意識がそもそも薄い場合
ですね。
 
忘れ物ってダメなことです。
 
プライベートで
傘忘れて雨に濡れた
くらいは大したことないけど、
学校に教科書とかノートとか筆記用具とか
必要なモノを忘れていくのはありえません。
 
塾にも毎回えんぴつすらもってこない
猿がいますが、その時点で終わってます。
 
「忘れ物があたりまえ」
そういうやつは
絶対に成績は伸びません。
 
忘れ物はしてはいけない
という意識をしっかり持ちましょう。
 
 

忘れ物が多い原因② 確認するクセがないから

忘れ物が多い原因2つ目は、
確認するクセがないから
です。
 
忘れ物する人って、
確認を怠ってますよね。
 
事前に確認すれば、
忘れ物していることに
気付くはずですから。
 
なので確認するクセも
しっかりつけていきましょう。
 
 

忘れ物が多い原因③ 人は忘れるものって理解してないから

忘れ物が多い原因3つ目は、
人は忘れるものって理解してないから
です。
 
忘れ物が多い人は、
なぜか書いたりぜずに記憶しようとします。
 
だから忘れ物するんですよ。
 
人は基本覚えたことを忘れる生き物です。
だから覚えたはずのことを
忘れてしまうのはしょうがないです。
 
だけど、
忘れ物は防げるものです。
 
人の記憶はいい加減なモノ
なのにそれをあてにするから
忘れ物する
んですよ。
 
人は覚えたことを忘れる生き物
だから記憶はあてにしない
 
この意識が大切です。
 
 
 

忘れ物するデメリット


ここからは、
忘れ物するデメリット
をお伝えします。
 
忘れ物すると
デメリットいっぱいあります。
 
しっかり自覚して、
改善していきましょう。
 
 

忘れ物するデメリット① まともに授業受けられない

忘れ物するデメリット1つ目は、
まともに授業受けられない
です。
 
教科書、ノート、筆記用具など
授業に必須のものを忘れた場合、
まともに授業受けれませんよね。
 
教科書なければ、
授業聞いても「?」だし、
ノートなければメモれないし、
筆記用具なかったらそもそも書けません。
 
教科書ない状態で受けたら、
とにかく非効率
です。
 
その授業時間を無駄にしてしまいます。
 
見せてもらったり、借りるって方法もあるけど、
自分のを使うのに比べると集中できません。
 
 

忘れ物するデメリット② 自分のものが使えない違和感

忘れ物するデメリット2つ目は、
自分のものが使えない違和感
です。
 
借り物、コピーってやっぱり
違和感ありますよね。
 
借り物、コピー使えば
授業受けれなくはないけど、
 
やっぱり自分のモノを使うのに比べると、
違います。
 
多少集中力下がります。
 
ないよりましだけど、
自分の道具を気兼ねなく使える方が
授業に集中できます。
 
 

忘れ物するデメリット③ 周りに迷惑かかる

忘れ物するデメリット3つ目は、
まわりに迷惑かかる
です。
 
借りたり、見せてもらう場合、
周辺のひとに迷惑かけることになります。
 
仲間であれば、
快く見せてくれるだろうけど、
客観的にはその人の勉強の邪魔をしています。
 
だから、
忘れ物はダメなんですよ。
 
 

忘れ物するデメリット④ 無駄な時間が増える

忘れ物するデメリット4つ目は、
無駄な時間が増える
です。
 
コピーしたり、
貸してくれる人を探したり、
そういう時間はすべてムダですよね。
 
忘れ物しなければ、
その時間に英単語5個くらい覚えれるかもしれません。
 
忘れ物して、
借りたり、コピーしたりする時間は
すべてムダです。
 
忘れ物しなければ
本来発生しない時間
ですからね。
 
 
 

忘れ物をなくす簡単な方法


ここからは、
忘れ物をなくす簡単な方法
をお伝えします。
 
今日からできる
簡単なモノばかり集めました。
 
すぐに取り入れて
忘れ物をなくすようにしましょう。
 
 

忘れ物をなくす簡単な方法① 記憶しようとしない

忘れ物をなくす簡単な方法1つ目は、
記憶しようとしない
です。
 
忘れ物が多い人は、
なぜか覚えようとします。
 
上でも言いましたが、
人は忘れる生き物です。
 
必要なものを忘れたら、
その結果、忘れ物します。
 
だから、
そもそも覚えようとしない
のが大切
です。
 
じゃあどうするのか?
っていうと…
 
紙に書けばいいでしょ
って話です。
 
書いておけば、
見ればわかります。
 
自分が忘れても
紙見れば解決です。
 
 

忘れ物をなくす簡単な方法② リストでチェックする

忘れ物をなくす簡単な方法2つ目は、
リストでチェックする
です。
 
忘れてはいけないモノを紙に書いて
リスト化してください。
 
そして、
そのリストと照らし合わせながら
1つ1つ確認してください。
 
okなら線引いて消していく
 
そうやって確認することで、
視覚的に確実に忘れ物を
防止
できます。
 
 

忘れ物をなくす簡単な方法③ 指さし確認する

忘れ物をなくす簡単な方法3つ目は、
指さし確認する
です。
 
教科書ok
筆記用具ok
ノートok
宿題ok

 
って感じで、
ゆびさして声出して確認すると、
より安心です。
 
忘れ物は当然防げるし、
忘れてないか不安になるのも防げます。
 
声出して確認することで
より脳に印象強く残るので。
 
コレの効果の高さは、
実際にやってみればわかりますよ。
 
 

忘れ物をなくす簡単な方法④ 3回くらい確認する

忘れ物をなくす簡単な方法4つ目は、
2回くらい確認する
です。
 
前日の夜
当日の朝

とかですね。
 
複数回確認するようにしましょう。
 
紙に書いて、
リストで確認すれば
そうそう忘れることはありませんが、
複数回チェックすることで
より忘れものをなくすことができます。
 
たまにありますからね。
 
本当は準備できてないのに
大丈夫だろうって思いこんで、
勢いでリストから消しちゃうやつ。
 
 

忘れ物をなくす簡単な方法⑤ いろんなところ貼っておく

忘れ物をなくす簡単な方法5つ目は、
いろんなところに貼っておく
です。
 
絶対に忘れてはいけないモノ
あるときには、
 
紙に書いて
いろんなところに貼っておきましょう。
 
玄関の扉、トイレ、部屋の天井、部屋の扉
 
とにかく目に入るところに貼ってください。
いやでも忘れるのを防げます。
 
 

忘れ物をなくす簡単な方法⑥ 前の日にちゃんと準備する

忘れ物をなくす簡単な方法6つ目は、
前の日にちゃんと準備する
です。
 
基本的なことですが、
準備は前の日にちゃんとやりましょう。
 
忘れ物が多い人は、
直前にあわててカバンに突っ込むから
忘れものする
んです。
 
ちゃんと前の日にリスト化して、
余裕を持って準備して、
確認もしておけば、
そうそう忘れないですから。
 
 

忘れ物をなくす簡単な方法⑦ 当日も確認する

忘れ物をなくす簡単な方法つ目は、
当日も確認する
です。
 
前日に準備して、
ほぼokだったとしても、
当日にも確認しましょう。
 
前日にしっかり確認して、
準備できているなら、
軽くでも構いません。
 
だけどもういちど最終チェックしておくことで、
より確実に忘れ物をなくすことができます。
 
 
 

最後に


以上、
今日から使える、
忘れ物をなくす7個の簡単な方法

でした。
 
今日やるであろう、
明日の準備から使ってみてください。
 
7つのテクニックを
意識して使うだけで
大幅に変わりますから。
 
そこまでやらなくても…
って思うかもしれないけど、
忘れ物が多い人は、
忘れ物をなくすためにそれくらいやってください。
 
ぬるいやり方ではなくなりませんから。
 
最後まで読んでいただきありがとうございます。
しょうり
 
 
★おすすめ記事
⇒ 勉強に集中するためにスマホやパソコンでyoutubeを見れなくする方法
⇒ 高校生にちょうどいい夏休みの過ごし方。暇なときの過ごし方もあるよ。受験生は除く。
⇒ 勉強の理解力がない人が理解力を高める6個の方法
⇒ 提出物の期限が守れない人が今すぐやるべき7個のコト
⇒ ドラゴン桜2にも登場した、勉強ツールを使ってみた感想と足りないところを暴露

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください